FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

口内炎はどうしてできるの?

2018.09.05 (Wed)

口内炎ができて、食べるのも話すのもツライ!皆さんはそんな経
験がありますか。気がつくと口のなかにできてしまっていて、治
るまでは口を動かすことすら大変なものですよね。そんな口内炎
の原因を皆さんはご存知ですか?意外と知らない人も多いのでは
ないでしょうか。

そこで今回はそんな口内炎について少しお話したいと思います。

口内炎の原因は大きく分けて2パターンあるといわれています。
1つめは、口の中を噛んでしまうなどの傷が原因のパターンです。
傷からしみ出す“浸出液”が大好きな口内細菌が集まって繁殖し、
炎症が起きて口内炎になります。

2つめは、原因不明のパターンです。口の中の粘膜は新陳代謝を
繰り返して再生していますが、疲労やストレスなどでその働きが
低下すると表面が荒れます。それが悪化すると潰瘍になり、そうな
ると口内細菌が集まってきて口内炎になります。

普通、細菌は唾液の働きによって洗い流されるため、炎症は起き
ません。しかし、疲労やストレスは唾液の分泌を減らしてしまう
ため口内炎になりやすくなってしまいます。


口内炎対策でよく使われるのはステロイド系の塗り薬です。しか
し実はこの薬は痛みをやわらげるのが目的で、細菌を倒す働きは
ほどんどありません。

ステロイド系の塗り薬は免疫細胞の戦闘モードを抑え、細菌との
戦いをやめさせることで、組織がそれ以上破壊されないようにし
ます。この働きによって痛みの症状を緩和することができるので
す。そのため、薬単体では口内炎を治す役割はないのです。

口内炎を早く治すためには、傷口の細菌の繁殖を抑えることが第
一です。そこでオススメしたいのが殺菌成分入りのうがい薬や洗
口液です。これらを使うことで傷口にいる細菌を退治することが
できます。そのあと水で1度うがいをしてから、塗り薬を使って痛
みをやわらげれば口内炎の原因と症状の両方を解決することがで
きます。そうすることで細胞による傷の修復も早まるのです。

①殺菌成分入りのうがい薬や洗口液で口の中を殺菌。

②水ですすぎをして口の中に残ったうがい薬を流す。

③処方された塗り薬で痛みをやわらげる。

口の中を殺菌する際、気をつけなければならないのは、細胞にま
でダメージを与えないようにすることです。そのためにも②の水
うがいを忘れずに行いましょう。口内炎ができやすい人や悩んで
いる方は、ぜひ試してみてくださいね。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

16:23  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

冷え性はなぜ起きるのか? 

2018.09.03 (Mon)

この季節、寒さが厳しくなるにつれて体の冷えが気になる人も
増えてきますが皆さんはいかがでしょうか。秋から冬は朝晩の
気温差も激しく、体調が崩れる人も多いものです。

特に女性では、手足の冷えに悩む冷え性の方が多いかと思います。
そこで今回は冷え性の仕組みについてお話します。

そもそも冷え性は女性に多い症状です。個人差はありますが女性の
半数から7割近い方が冷えをつらいと感じています。女性は男性に
比べると、①熱を作り出す筋肉が少ない、②皮膚の表面温度が低い、
③貧血や低血圧の人が多いことなどがその理由と考えられます。


まず、冷え性になると手足が冷える理由を考えてみましょう。
“体が冷える”という症状は、体温を調整するメカニズムと密接な
関係があります。わたしたち人間の生命活動を維持する上で大切な
働きをしている酵素の働きは、37℃で最も高まります。そこで、内
臓のある体の中心部の温度をつねに37℃に保つために環境の変化に
応じて体温を調節します。

暑いときは四肢末端や皮膚表面近くにある血管を拡張させ血液の流
れる量を増やすことで外気に向けて熱を逃がそうとします。それで
も足りなければ、汗を出すことで熱を逃がします。

逆に寒いときは、四肢末端や皮膚表面などの血管を収縮させて熱の
拡散を防ぎ、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液
を集めて体温を維持しようとします。そのため血液が行き渡りにく
くなった手先や足先は温度が下がるのです。

さらに寒いと体がふるえますが、これは筋肉を動かすことで熱を作
り出そうとする反応です。


次に、冷え性になる原因についてです。冷え性は、いわゆる体質的
な部分だけでなく、生活習慣のなかで冷えにさらされることの積み
重ねが原因になることがあります。

このことを、東洋医学では「積冷」と呼びます。

たとえばエアコンの普及や衣服・食生活の変化、それに夜型の生活
やストレスの増大も影響して現代人は冷えを感じやすくなっています。
「生活習慣病」という言葉がよく使われるようになって来ましたが、
食事や運動など生活習慣を改善することで疾病の予防や治療に役立つ
ことが西洋医学的でも、ようやく認識されてきました。漢方では古く
から衣食住をはじめとする生活全般にわたる注意、つまり「養生(よ
うじょう)」が重視されており、冷え性対策においてもいろいろな角
度から日常生活を改善していくことが有効です。

適度な運動や半身浴、さらには食生活を見直すことでも冷え性は改善
されることが多いといいます。自分の生活スタイルに合った改善方法
をぜひ見つけ出してくださいね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:45  |  冷え性  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おならの話2

2018.08.29 (Wed)

さて、成人の腸にたまる1日あたりのガス量は、だいたい
100ml~2,500mlといわれ、個人差が大きいといわれています。

ガスが多くなるのは、慢性胃炎、腸炎、食中毒、直腸の潰瘍
など、胃腸になんらかの病気がある場合か、すい臓や肝臓、
胆のうの病気、尿路結石などの場合が考えられます。便秘を
している場合も、腸内にガスがたまりやすくなるので気をつ
けましょう。

また、牛乳を消化する働きが弱い牛乳不耐症の人が牛乳や乳糖
を摂取すると、小腸で消化しきれなかった乳糖が腸内の悪玉菌
によって分解され、ガスがたまってしまいます。

こうした内臓疾患がないのにおならの量が多い場合は、ストレ
スが原因であることが考えられます。精神的なストレスが多い
場合や、睡眠不足や過労気味の場合、胃腸の働きが低下してガ
スが腸にたまりやすくなるのです。

また、悪玉菌は中高年になると増えるため、加齢とともにおな
らの量が増え、臭くなる傾向にあります。

人目を気にしておならを我慢すると、腸内にガスがたまり、お
なかが張って腹痛を引き起こします。ガスが横行結腸にたまっ
てしまうと、すい臓や胆のうを圧迫し激しい痛みを引き起こす
こともあります。

また、腸内にガスがたまると便秘になりやすく、腸内の悪玉菌
をさらに増やして有害ガスを発生させ、ますます腸内環境が悪
くなる、という悪循環に陥ります。この状態が続くと、悪玉菌
が増殖して腸内に発がん性物質やその働きを強める物質が発生
し、大腸がんを発病するリスクを高めてしまいます。

おならは我慢するより、根本的にガスの量を減らしたり、臭い
を防いだりする対策をすることが大切です。内臓に疾患がある
人は原因となる病気をきちんと治療することが大事です。また、
セルフケアとして以下のようなことに気をつけましょう。

◆規則正しい時間に食事をする
◆栄養バランスに注意する
◆食事はゆっくり噛んで食べる
◆軽い運動をして腸の動きを刺激する

一説には健康な人間の1日の平均放屁回数は14~15回だともい
われています。生理的なものだと考え、あまり神経質になら
ないことも大切です。無理な我慢をしすぎず、ガスの量を減ら
す生活習慣を心がけるようにしたいですね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:04  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おならは、なぜが出るの?

2018.08.28 (Tue)

突然ですが皆さんは「おなら」を我慢したことがあり
ますか?人前で音や臭いがしてしまうのを防ぐために、
ついつい無理をして我慢してしまうこともありますよ
ね。しかし、おならは健康状態のバロメーターであり、
我慢しすぎてしまうのは体にとって良くありません。

そこで今回は、おならのメカニズムと体への影響につ
いてお話をしたいと思います。

もともと、おならは腸内にたまったガスです。その大
部分は食事をするときに食べ物や唾液と一緒に口の中
に入ってしまった空気ですが、血液中に含まれるガス
が腸の壁を通って腸内に入ったものもあります。これ
らのガスは窒素や水素、メタンガス、酸素などが成分
なので、この段階ではほとんど臭いがありません。

そのほかにも、大腸の食べ物が分解される過程で生じ
るガスも含まれていますが、これも炭酸ガスやメタン
ガスが主成分であり、それほど強い臭いはしません。

ところが、肉など動物性たんぱく質が小腸で十分消化
されずに腐敗すると、インドールやスカトール、硫化
水素、アンモニアなどが主成分のガスが発生して悪臭
の原因となります。

動物性たんぱく質の多い食事だけでなく、胃腸の働き
が低下しているときや腸内の悪玉菌が多いとき、ニン
ニクや玉ねぎなどをたくさん食べたときも、おならの
臭いは強くなります。

そして、腸内のガスは通常「肛門括約筋」によって外
に漏れないようになっています。しかし、ガスの量が
多くなると肛門括約筋はガスの圧力に押されて時々瞬
間的に緩み、ガスを勢いよく吹き出してしまうことが
あります。これが、おならの音の原因です。

では、どうして「おなら」がたくさん出る人と、あま
り出ない人とがいるのでしょうか?次のブログで
はそういったお話もしていきたいと思います。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

09:11  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

異常な不安感は強迫性障害かも?

2018.08.17 (Fri)

皆さんは「強迫性障害」という言葉をご存知ですか?
家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」
「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと
気になって引き返す…こんな経験は誰にでもあります
よね。

しかし、一度確認をして再び家を出たあと今度は
「確認したとき無意識にかぎを開けてしまったのでは
ないか」などと不安になり、何度も家に戻って仕事に
遅れたり、ついには外出できなくなってしまうことが
あったら、それは「強迫性障害」という病気かもしれ
ません。今回はそんなお話をご紹介したいと思います。

強迫性障害では、強い不安や恐怖、不快な考えが頭から
離れなくなり(強迫観念)、それを打ち消すための行動
を何度もくり返します(強迫行為)。その内容は人それ
ぞれですが、

●戸締り、ガス・電気の消し忘れなどが不安になって
 何度も確認する。
●ドアノブ、電車のつり革などを不潔だと感じて触れ
 ない、または触ったあと汚れが気になって何度も手
 を洗う。
●すれ違った相手を傷つけたかもしれない、または自
 分が傷つけられるかもしれないなどと思い悩む。
●身支度、仕事、家事などの手順が気になり、いつも
 と違うと初めからやり直す。

といったものが多くみられる症状です。こういった行動
が習慣化し、次第にエスカレートして長い時間がかかる
ようになり、仕事や日常生活に支障を来すのが強迫性障
害です。その特徴は、このような考えや行為はばかげて
いる、いきすぎだと自分でもわかっていてやめたいと思
っているのにやめられないことです。

あまり聞きなれない病名ですが、約50人に1人がかかると
いわれ、決して珍しい病気ではありません。放置すると
症状がエスカレートしやすく、約1/3の患者さんにうつ状
態が認められるといわれています。

強迫性障害は、以前は強迫神経症と呼ばれ、神経質、完
璧主義など性格だけの問題と考えられていましたが現在
では、脳の機能が病的に偏った状態であることがわかっ
てきました。

症状が重くなると、自分で確認するだけでは安心できず、
家族(特に母親)などに確認させたり保証してもらうなど
周囲の人を巻き込んでしまうこともありますが、それは本
人のわがままのせいではなく、病気のせいなのです。強迫
性障害という病気が、本人だけでなく家族をも巻き込んで
しまうような性質を持っているのです。

しかし、家族が強迫行為を手伝ってしまうと病気の支配力
がますます勢いづくことがあるため、できるだけ最小限に
とどめなければなりません。家族は本人の苦しさを理解し
て見守り、病院の受診や相談窓口の利用を支援していくこ
とが大切です。

先ほどの症状に当てはまる人や、おかしいと気づいている
のにやめられない…という人は日常生活に支障をきたすよ
うなら、医師やカウンセラーに相談しましょう。


テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

08:26  |  精神  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT