FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

がんと麻薬系鎮痛剤

2010.06.04 (Fri)

がんの痛みの治療には、主にモルヒネがのみ薬として
使われているのですが、今年3月皮膚に貼る鎮痛薬
が新たに承認されました。

モルヒネに比べて副作用が軽く、がん疼痛治療の
質を向上させることが期待されています。

この薬は、「貼付型オピオイド鎮痛薬フェンタニルパッチ」
と呼ばれており、オピオイドとは麻薬を意味しており、
フェンタニルはモルヒネやコデイン同様に麻薬系鎮痛剤
分類され、薬理学的にオピオイドと呼ばれています。

がんの鎮痛剤としては、わが国初の張り薬だそうです。

モルヒネは鎮痛作用は強いのですが、眠気や吐き気、
便秘などの副作用を伴うそうです。
フェンタニルパッチは、鎮痛効果に加えて、副作用を
最小限に抑えることが可能になり、がんの痛みの治療
の質を向上させることが期待できるそうです。

フェンタニルパッチの特徴は、分子量が小さく脂溶性が
高いので、皮膚に浸透しやすく、皮下組織に徐々に
吸収され、毛細血管から中枢神経に作用するそうです。

パッチは、フェンタニルの含有量により4種類あり、
大きさに比例して血中濃度が高くなるので、痛みに
合わせて選択されるようです。

パッチは、胸部、腹部、上腕部、大腿部前面など、
観察しやすい部位に貼りますが、シャワーは問題ない
のですが、入浴時に湯船に漬からない部分がよい
そうです。

鎮痛の持続時間は72時間なので、入浴時に張り
替えるのも一つの方法のようです。

モルヒネからフェンタニルパッチに切り替えた場合、
モルヒネを中止することで、腹痛や吐き気、嘔吐、
下痢、頭痛、不安やいらいらなどの退薬症候群が
表れることがあり、これらの症状が出てきた場合、
モルヒネを併用すると解決できます。

また、がんの痛みは同じ程度で続くのではなく、
突出痛と呼ばれる強い痛みが定期的に表れますが、
このときにもモルヒネの併用が必要とされるようです。

モルヒネの量が多く、長期投与されている場合は、
退薬症候群のことも考慮して、フェンタニルパッチに
切り替えるときは注意が必要で、今後、がんの疼痛
治療において、フェンタニルパッチの使用が増えていく
と思いますが、モルヒネ投与の十分な経験のある医師が
使うことが望ましいようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : がん 鎮痛薬 麻薬系鎮痛剤

17:26  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肺がんの凍結療法は?

2010.06.03 (Thu)

肺がんの新しい治療方法として、凍結療法
注目されています。

凍結療法は既に、肝臓や腎臓のがん治療に
用いられていますが、肺がんの治療に応用され
てきているようです。

方法は、胸部の局所麻酔下で、皮膚からがん
組織に直径3、4㍉の外筒を挿入し、その中に
通した直径2、3㍉の針から高圧アルゴンガスを
送り込み、がん組織を5-10分凍らします。

その後、ヘリウムガスを送り、がん組織の温度を
20度まで上げて解凍します。

これを3回繰り返し、がん組織を壊死させる
ものです。

他のがんから転移した直径3センチ以下の
早期肺がんを対象に、凍結療法を行った
ところ、これまで42人を治療していますが、
3カ月以上の経過を観察したケースで再発は
起こっていないそうです。

まだ症例数が少なく、経過も3年ほど追う
必要はあるようですが、当れしい凍結療法
肺部分切除術と同等の効果があると考えら
れるそうです。

そして、患者の肉体的負担が少なく、術後
2日で退院できるそうですよ。
ただし、健康保険が適用されないため、
治療費は自己負担になるようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 肺がん 凍結療法

14:35  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

皮膚がんについて

2010.06.02 (Wed)

足の裏にできたほくろは皮膚がんではないかと心配して、
専門医を訪れる人が多くなっているそうです。

そこで、皮膚がんについてのお話です。

中年以降にできたほくろで、大きくて左右非対称の
ものは注意した方がいいようですよ。

皮膚は、表皮、真皮、皮下脂肪組織の3層から
成っていますが、表皮はさらに4層に分かれており、
皮膚がんは、表皮のどの層に発生するかで分類
されるそうです。

主な皮膚がんは、基底細胞層にあるメラノサイト
(色素細胞)からできるメラノーマ、有きょく細胞
からできる有きょく細胞がん、基底細胞からできる
基底細胞がんの3種類のようです。

メラノーマは、白人に急増しており原因はオゾン層
の破壊による紫外線の増加だといわれています。

ほくろは、体のどこにでもできるが、日本人では、
太陽が当たりにくいはずの足の裏に多いため、
何らかの外傷が原因ではないかとみられている
ようです。

中年以降にできたほくろのようなもので、幅が
7ミリ以上、左右非対称で縁がギザギザ、色調は
黒っぽいがむらがあるような特徴があれば、
メラノーマの疑いがあるようです。

色は黒とは限らず、ピンクのような色のこともあり、
メラノーマは、進行すると盛り上がってくるそうです。

有きょく細胞がんは、60歳以上の人に多く、
紫外線が当たりる顔や手の甲にできた日光角化症
のようなもので、表面はざらざらして、赤みがあり、
やけどや外傷後のはんこんにできたりすることが多い
ようです。
有きょく細胞がんは、進行すると盛り上がってきて、
カリフラワー状になるようです。

皮膚がんの中で最も多いのは基底細胞がんで、
60歳以上の人に多く、顔にできるのが半分以上で、
このがんの症状は、ほくろのようなもので、光沢があり、
盛り上がった硬いしこりがあるのが特徴です。

進行すると中央部がかいようになり、他の2つのがんと
比べて、リンパ節や他の臓器に転移することは少ないが、
皮膚深く入っていくので放っておけないそうです。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 皮膚がん メラノーマ 有きょく細胞がん 基底細胞がん

17:21  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

女性の喫煙と肺がん

2010.06.01 (Tue)

女性の喫煙肺がんの危険度が増しているそうです。

今日は、女性と肺がんについてのお話です。

肺がんによる死亡数は年間5万人を超え、男女共に
急増しており、男性では肺がんが胃がんを抜き、がん
死亡数の第1位になったそうです。

女性でも、胃がん、大腸がんに次いで、第3位となって
いるようで、肺がんにかかる原因として、男女共に最も
影響が大きいのが喫煙でそうです。

肺がんには幾つかの種類があるようですが、その中でも、
扁平上皮がん、小細胞がんは、喫煙との関連が強い
ようです。
中でも小細胞肺がんにかかる危険度は、女性では
男性の2、3倍だそうですよ。

喫煙経験者は非喫煙者に比べて、肺がんになる
相対危険度は、男性が9倍、女性が13倍という
結果が出たそうで、小細胞肺がんだけで見ると、
男性11倍に対し、女性は38倍となっていました。

女性が肺がんにかかりやすい原因として、一般に
女性は男性よりも化学物質への反応が強いことや、
細胞のがん化につながる遺伝子変異を起こしやすい
ことなどが考えられるようです。

また、喫煙開始年齢が若いほど、遺伝子変異が
蓄積され、将来肺がんになる危険度も増す可能性
が高いそうです。

肺がん予防のためには、特に若年女性の禁煙指導や、
受動喫煙を減らす対策などが重要のようです。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 女性の喫煙 肺がん 小細胞肺がん

15:59  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

前立腺がん

2010.05.29 (Sat)

前立腺がんは、これまで日本では少なかったようですが、
高齢化社会を迎え、死亡率は今後、急増すると予想
されているそうです。

そんな前立腺がんについてのお話です。

前立腺は、男性のぼうこうの出口の所にあり、精液の
一部である前立腺液を分泌しますが、前立腺がん
増加は、食生活の変化や高齢者人口の増加が原因
のようです。

前立腺がんは、初期にはほとんど症状が表れませんが、
少し進行すると、排尿時の痛みや、排尿しにくいといった
症状が起き、さらに進行すると、腰や肩が痛むようになる
そうです。
このほか、尿が出なくなったり、血尿が出たりすることも
あるようです。

前立腺がんは、骨に転移しやすいのが特徴で骨に転移
すると痛みが強くなって、歩けなくなったり、寝たきりに
なったりすることもあり、治療は、早期に発見することが
何よりも大切ね用です。

早期発見するには、腫瘍マーカーの一種であるPSA
(前立腺特異抗原)検査があり、糖たんぱくで、前立腺に
がんができると、血液中で増加します。
血液を採って調べるだけなので、簡便で優れた検査方法
のようです。

55歳を過ぎたら、年に 1 回はPSA検査を受けたほうがよく、
65歳以上なら、半年に 1 回は必要だそうです。

PSA検査は、米国では一般の健診に含まれているが、
日本では大企業での健診や人間ドックの一部で実施されて
いるだけのようです。

前立腺がんは、前立腺が恥骨の裏側にあるため難しいと
されてきた手術が最近はできるようになり、早期に発見でき
れば、前立腺の周りにある神経を温存でき、前立腺を切除
しても、普通に排尿でき、性機能への影響も少ないそうです。



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 前立腺がん 骨に転移 PSA検査

12:32  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT