FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

シミや老人性色素斑を治す

2009.09.19 (Sat)

顔にできるシミには、老化による老人性色素斑(はん)、
日焼けややけど、けがなどの炎症後にできる炎症後色素沈着、
生まれつきのあざである扁平(へんぺい)母斑などがあるようです。

これらを取り除くには、
(1)冷凍療法(ドライアイスや液体窒素で凍らせる)
(2)レーザー治療
(3)手術-などが行われている。
しかし、「できれば塗り薬で簡単に取れれば」と希望する人が多い
ようです。

こうした人の治療に、自家調合したレチノイン酸を用いている
医師がおられるようです。。
「レチノイン酸は、ビタミンAから作られたもので、皮膚の表皮の
細胞分裂を早め、表皮の下の真皮の張りを保つコラーゲンを
増やすそうです。

シミは、程度にもよりますが、レチノイン酸を塗った後1カ月ほどで
目立たなるそうです。

レチノイン酸を用いてシミの治療(現在は健保の適用外)をした
167人(男性27人、女性140人)を、シミの性質、部位ごとに分け、
12週間以上追跡調査をした結果は

その、改善率は、老人性色素斑では84.7%で、特に顔にできた
シミは97.4%と、高い効果が見られたそうです。

改善率は、炎症後色素沈着では87.9%、扁平母斑では63.6%
そうです。

副作用として、皮膚炎が起こり、肌が赤くなることがあったが、
赤くなった部分は、薬を塗って数日後には表皮がむけ、その後は
つるつるになったそうですよ。

しかし、動物実験では、レチノイン酸を大量に使った親から生まれた
子供に、先天的な奇形が発生していることが報告されているようです。
このため、塗り薬なので副作用の危険性はあまりないが、患者には、
治療中だけは避妊するよう指導しているそうです。

レチノイン酸は、欧米や香港などでは治療薬として認可されているが、
日本では認可されていないようです。
治療費用は、健康保険の適用がなく、月に2、3万円かかるそうですよ。
 
この治療を受けたい人は、東大医学部形成外科医局
(電話03-5800-8670)に問い合わせてみてはいかがでしょう。

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : シミ 老人性色素斑 治療

16:58  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

増える顔や腕の「しみ」は・・

2009.09.18 (Fri)

加齢に伴って増える顔や腕の「しみ」で、
お悩みの方もおおいようです。

今日は、そんな「しみ」についてのお話です。

ご存知でしょうが顔や手、腕のしみは、紫外線のダメージで
メラニン色素が局所的に増えた状態だそうです。

医学的には、日光性色素斑と言うようです。

早い人では20歳代で見られますが、高齢者に多く、
老人性色素斑とも呼ばれているようです。

中には、年のせいにしてあきらめている人がいるが、
美容上の問題だけでなく、皮膚がんの危険性もあるようです。

肌のしみに気付いたときは、念のため最寄りの皮膚科専門医
に診てもらった方がいいようですよ。
それが単なるしみか、そうでないかは、通常、視診とダーモスコープ
という精密な拡大鏡による検査によって分かるようですよ。

治療は、しみの程度によって異なる。しみが薄い場合は、
日焼け止めクリームや美白剤のほか、皮膚の新陳代謝を促進
するレチノイドという薬が用いられるそうです。

濃いしみには、薬物療法に加えてレーザー治療が必要で、
メラニン色素に吸収されると熱に変わるレーザー光線を用いて、
しみを除去する治療法です。

照射部が一時かさぶた状態になりますが、しみは治療後
10日ほどで消失してしまうそうです。

レーザー照射時にゴムではじかれたような痛みが生じるが、
我慢できない場合は局所麻酔をして行われるようです。

日光性色素斑の治療には、健康保険は適用されて
ので、実費になりますが希望者は医師に相談して
みるといいでしょうね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : しみ 紫外線 老人性色素斑

09:27  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「水いぼ」とは

2009.05.28 (Thu)

これから暑くなるとプールなどで遊ぶ機会がふえますが
そこで、子供がかかりやすい「水いぼ」について、
お話しましょう。

「水いぼ」は夏場に水遊びなどを通して子どもの間で
うつりやすい皮膚のウイルス感染症です。
粟粒大の小さないぼが少しずつ大きくなります。 

気がついたときにはすでに引っかいてつぶしている
ことが多く、周りにいくつかの大小のいぼができている
ことが多いようです。

数が少ないうちは専用のピンセットでいぼの中の
白いカスをつまみ出すと治りますが、この治療法は
痛みを伴い子どもに恐怖心を与える上に、すでにつぶれて
周りに小さいいぼができていると、残ったいぼが再び大きく
なってきます。

すでにあちこちに広がって手がつけられないこともあるようです。

このようにあちこち広がっていると、残ったみずいぼが大きく
なりせっかく痛い思いをして取っても無駄になることがあります。

つぶれたり、広がっているときには、放っておくのもやむを
得ないと思われ、また、ウイルスに対して抵抗力(抗体)が
つくと自然に治ります。

そんなに心配することではないようですね。


テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 水いぼ 皮膚のウイルス感染症 抗体

09:33  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シミ・ソバカスの対策とは?

2009.02.12 (Thu)

いよいよ春も近づき、それとともに紫外線の量も増えてきますが、
シミ・ソバカスが気になる方の為に、その対策をお話しましょう。

シミ・ソバカスの原因と言われているのがメラニンです。
メラニンを生成するのは、メラノサイトという細胞で、紫外線などのダメージを受けると、
このメラノサイトが活性化し、チロシナーゼという酵素が働きます。チロシナーゼは、
チロシンというアミノ酸からドーパ、ドーパキノンを経て、やがてメラニンが生成されます。

これが、いわゆる「日焼け」です。
通常は、メラニンの生成は元に戻り、生成されたメラニンは新陳代謝によって、
垢として排出されます。

ところが、繰り返し紫外線を浴びたりすると、メラニン生成がエスカレートする場合が
あります。
それに伴って新陳代謝の働きも衰え、メラニンの生成が排出を上回り、シミ・ソバカスに
ようですよ。

シミ・ソバカスを除去する成分として注目を浴びている成分がL-システインです。

L-システインは、髪・爪・肌を構成しているアミノ酸の一種。シミ・ソバカスの原因となる
メラニンに対して、多彩に働きかけます。

まず、メラニンができる前の物質、ドーパキノンと反応してメラニンの生成をブロックします。
そして、黒く変色したメラニンを破壊して無色に変換します。また、肌の新陳代謝を活性化させ、
メラニンの排出を促す働きがあります。

肌の衰えが気になる人は、小麦胚芽、大豆、鶏肉、卵など、L-システインが豊富に
含まれている食材を意識的に摂るとよいでしょう。
ビタミンCは、色素細胞の中でメラニン生成を促進する酵素・チロシナーゼの働きを抑制し、
結果的にメラニン生成を減らす効果を発揮するようです。
また、メラニンを還元させることで黒色から無色へと変換させるので、できてしまった
シミやソバカスを薄くする効果が期待できます。

ビタミンCが豊富に含まれている食材は、ブロッコリー、ピーマン、イチゴなどがあります。
1日100mgを目安に摂りましょう。
 
ポイントは、L-システインが豊富な食材と果物や野菜など、ビタミンCが豊富な食材も
一緒に食べることで、より効果アップが期待できるようです。

一度、お試しあれ。

テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

タグ : シミ ソバカス メラニン

11:48  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お肌も乾燥するこの時期は・・

2009.02.05 (Thu)

冬の湿度が低い時期は、お肌も乾燥してしまいます。

乾燥肌とは、角質細胞が水分を十分に保持できなくなったり、
皮脂の分泌が低下したりして、皮膚の表面が乾燥した状態を言います。

初期症状として、かゆみや粉をふくのが特徴です。 
乾燥肌の原因には、気候、環境、外からの刺激など肌の外側の要因と、
年齢、体質などの生理的な要因が挙げられます。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三層構造で、表皮の一番外側に
角質層があります。
皮膚は、その角質層で潤いを保っています。
この角質層内の水分が減少している状態が乾燥肌なのです。

角質層の表面では、たえず汗と皮脂が分泌され、皮脂膜と弱酸性の
天然クリームをつくり、細菌の増殖や水分の蒸発を防いでいます。

また、細胞と細胞の間は細胞間脂質でうめられ、これも水分を保ち、
皮膚を保護する働きをしています。
ところが、乾燥にさらされると、皮脂の分泌量が減り、皮脂膜がつくられなく
なります。
すると、肌のバリア機能が低下し、水分が蒸発してしまう結果に…。
また、細胞間脂質が減少することで外部から有害物質などが侵入しやすく
なり、炎症などの皮膚トラブルも起こしやすくなります。

乾燥肌のスキンケアは皮膚のバリアを回復させ、潤いを保つことがポイントに
なります。 
乾燥をふせいで健康な肌を保つためには、水分と油分の分泌バランスを
整えることがなによりも大切です。

化粧水やボディローションなどで肌に水分を十分与えたら、天然保湿因子
(アミノ酸、尿素、乳酸など)を配合した乳液やクリームなどを塗ってしっかり
保湿しましょう。

入浴後に塗ると効果的です。
市販の皮膚軟化薬には、おもな成分として角質軟化・保湿成分が含まれています。
これらの成分には、天然保湿因子である尿素をはじめ、ヘパリン類似物質、
グリセリンなどがあり、角質層の水分保持力を高めたり、皮膚を柔らかくする
作用があります。

また、肌がカサカサになると、妙にかゆくなる経験はありませんか? 
これは、乾燥した皮膚が刺激に対して敏感に反応するためのようです。
ですから、かゆみを伴う場合は、鎮痒作用のあるジフェンヒドラミンやクロタミトンを
配合している市販薬を選ぶとよいでしょう。

炎症が伴う場合は、抗炎症成分を配合したものや、皮膚の血行をよくする
ビタミン成分を配合したものがオススメのようです。

さあ、あなたも乾燥肌対策を・・ 


テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

タグ : 乾燥肌 スキンケア 水分保持力

10:30  |  肌荒れ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT