FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

頭痛をバカにしてはいけない!

2009.02.10 (Tue)

頭痛で悩まされている方はいがいと多いものです。
今日は、そんな頭痛についてお話しましょう。

頭痛はまず、「機能性偏頭痛」「症候性頭痛」の2つに大きく分けられます。
「機能性頭痛」とは、頭痛を起こすような病気やケガがないのに、周期的に
繰り返す頭痛で、慢性頭痛とも呼ばれ、主なものは「片頭痛」「緊張型頭痛」
「群発頭痛」の3つです。

「機能性頭痛」の場合、命に関わることはありませんが、日常生活に支障を
きたす可能性があります。

「症候性頭痛」は、何らかの病気が原因で起こる頭痛です。
くも膜下出血などの脳の病気が隠れている場合があります。
今までに経験のない強い頭痛や長く続く頭痛が現れたときは、医師の診察を
受けるようにしましょう。

頭痛がどうしても辛いようなら薬を使うのもひとつの方法です。
症状にあわせて適切な薬を選ぶようにしましょう。

緊張型頭痛の場合、市販の鎮痛剤は症状を抑えるのに有効なので、
ある程度辛くなったら服用するとよいでしょう。

肩凝りや首筋の凝りを併発しているなら、ビタミンB1、B6、B12剤や
ビタミンE剤が血行促進に効果的です。

偏頭痛の場合、症状が軽いようであれば市販約の効果が期待できます。
その場合、発作が強くなってからでは効果が出にくいので、痛み出したら
遅くとも30分以内には服用するようにしましょう。

市販の鎮痛剤は症状を和らげる作用がありますが、頭痛そのものの原因を
解消してくれるわけではありません。

ストレスなど、日常生活の中に存在する頭痛の原因をできる限りなくしていき、
ホームケアと併せて頭痛を解消していくようにしましょう。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 頭痛 偏頭痛 症候性頭痛

13:21  |  頭痛  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/98-7d4c8408

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |