FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

日本人の知恵で風邪を乗り切る!

2009.01.28 (Wed)

おじいちゃん、おばあちゃんの知恵で風邪を予防し
軽いうちに直しましょう。

紅茶や緑茶でうがいしよう!

茶に含まれるカテキンの殺菌能力は、すべてのタイプの
インフルエンザ・ウイルスに効力があるそうですよ。
安いお茶でもいいので、朝起きた時や外から帰った時に
紅茶や緑茶でうがいしよう。風邪にかかる前から試してみては。

しょうが湯で咳と痰を撃退しよう!

しょうがには、血液の循環をよくして体を温め、発汗させる
作用があります。
しょうがをおろし、その汁ひとつまみ分を湯のみに入れ、
熱いお湯を注いで、そのまま飲んでもいいし、好みで黒砂糖か
はちみつを少々加え、よくかき混ぜて飲みましょう。
鼻がつまった時にも効果的だそうですよ。

のどの痛みや咳は大根アメで!

大根を1cmほどの角切りにして、蜂蜜に半日以上漬け込みます。
大根から水分が出て、浮いて来たら出来上がり。
上澄み液をそのまま、またはお湯に溶かして飲みます。
大根をすりおろして蜂蜜と和える方法もあります。
いずれの方法も、皮の方に栄養素が多いので、皮をむかない方が
効果的です。
喉の痛みを和らげ、熱を下げる効果があると言われていますよ。

解熱作用のある梅干湯!

梅干としょうがの絞り汁、好みで黒砂糖を湯のみに入れ、
熱いお湯を注いで飲みましょう。
梅干を焼いてそのまま食べるか、お湯を注いでつぶして食べてもOK。
体を温めてくれます。

みかんで身体を温めましょう!

風邪のひき始めにみかんを皮ごと、黒くなるまで焼いて食べましょう。
又はホットレモンのレモンの代わりにみかんのしぼり汁に熱湯を注ぎ、
好みで黒砂糖や蜂蜜を入れ、熱いうちに飲むのもいいでしょう。
布袋に入れたミカンの皮を風呂に入れ入浴すると体が温まり湯冷めし
にくいのでお試しを。





スポンサーサイト



テーマ : 人生のコツ, 生き方のコツ - ジャンル : 心と身体

タグ : 風邪 予防 解熱作用

09:36  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/87-8f41b2d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |