FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

寒い冬の快眠のコツとは

2009.01.24 (Sat)

冷え込みの厳しい冬は、寒くてなかなか寝つけない、
熟睡できないという人が多いようですね。
そこで今回は、寒い季節を快適に眠るコツを書いてみましょう。

第一に、寝室の環境で注意しなければならないのが室温と湿度です。
冬の場合、室温は12~3度、湿度は50%前後が理想のようです。
ただし、寒いからといってエアコンのつけっぱなしはより乾燥をまねくので、
避けた方がいいようですよ。
寝る少し前に暖房をつけて寝室を暖めておくのが良いでしょう。

乾燥対策には、加湿器以外にも濡れタオルを寝室にかけておいたり、
お湯をはったボウルを置く、また観葉植物を置くなども効果があります。

寝室の暖かさだけでなく、布団はもちろん、肌に直接触れるシーツや
カバーリングの暖にも気を配りたいもの。肌ざわりがよく、優しいぬくもりの
ボアや起毛素材がおすすめです。

また、羽毛布団と毛布両方を使っているなら、毛布は羽毛布団の上に
掛けると体温で暖まった空気が布団内から逃げにくくなります。

また、足先の冷えが気になって、靴下をはいたまま寝ていませんか?
実はこれは逆効果。靴下の中で汗をかき、朝方にその汗が冷えると、
余計に足が冷たくなってしまいます。冷えがツライ方は足浴などで
じっくり暖めてみましょう。
それでもどうしても靴下を放せないという方は、綿やシルクの吸汗・
発散性のよいものを使用して下さい。
さらにバスタオルやハーフケットで、掛け布団の上から足元をくるむとよいでしょう。

肩口や首の冷えが気になる方は、衿付毛布やかいまき、肩当て、
ネックウォーマーやバンダナを活用してみてください。
ある著名人は、首にバンダナを巻いて寝てみたところ、暖かいだけでなく、
カゼをめっきりひかなくなったそうですから、試してみる価値大です。

全身が冷えきってしまった時にはやはりお風呂で温まる事が一番ですが、
身体を芯から温めるには、半身浴もしくは足浴もおすすめです。
最初は上半身が肌寒く感じるかもしれませんが、20分を過ぎたあたりから
全身から汗が出て来て、新陳代謝が良くなり身体が温まります。
身体を温める作用のあるビターオレンジのエッセンシャルオイルを数滴入れると、
より高い効果が期待できます。

最後に毎日の生活でおすすめしたいのが、朝日をたっぷり浴びること。
快眠の要になる睡眠ホルモンのメラトニンは、太陽の光を浴びることで
その生成が増します。
朝起きた時に深呼吸とともに朝日を浴びることで、目覚めがスッキリするだけでなく、
夜の快眠も作り出してくれるわけですから、朝日を積極的に浴びて、
心地よい眠りを手に入れましょう。




スポンサーサイト



テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

タグ : 熟睡 室温 湿度

13:45  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/84-c76b818a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |