FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

風邪予防には手足を冷やしたほうが良いて、ほんと!

2009.01.21 (Wed)

本当に!とお思いでしょうが・・

風邪予防なら、手足に多少の冷えを感じじる方が良いようですよ。 

風邪の流行る季節になりましたが、皆さんはどのような予防対策を
していますか?

今回は、風邪を防ぐ服装についての豆知識をご紹介したいと思います。

風邪を予防するにはシッカリ着込み、冷えるところがないようにした
ほうが良いと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際は手足をある程度冷やしたほうが良いのです。

①例えば24℃の部屋で1日を長袖と長ズボンで生活した場合
②例えば24℃の部屋で1日を半袖と半ズボンで生活した場合
このような場合、風邪の予防に効果のあるIGAという免疫物質の量は
②のほうが多くなるのです。

手足が冷えて体内の温度との差が大きくなると、体内でIGAが働き、
風邪をひかないよう体に警報を発します。

しかし全身をくまなく温かい状態にしてしまうとIGAの働きが弱まり
体に対して警報が鳴らず、風邪をひきやすくなってしまうのです。

また、日中に手足を温めていた場合と冷やしていた場合では夜の
睡眠にも影響があるといわれています。

睡眠中の脳波を比べると、温めていない場合のほうが深い眠りに
なっているのです。なんだか不思議な話ですが、過保護にするよりは
多少の刺激を与えるほうが良いんですね。

もともと手や足のような末端の部分は、寒くなったときに血管が細く
なり体の熱を逃がしにくくなるという機能をもっています。体その
ものを強くするためにも、よりよい風邪予防対策を心がけたいもの
ですね(*´∀`)



スポンサーサイト



テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

タグ : 風邪 風邪予防

14:06  |  風邪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/81-e5d7e61e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |