FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

頚椎損傷とは

2009.01.15 (Thu)

今日は、頚椎損傷についてお話しましょう。

私たちの体を支えるのは脊柱と呼ばれるうち、
頭いわゆる頭蓋骨を支える首の部分に
7つの背骨があり、それを「頚椎」と呼びます。

頚椎は、7つのそれぞれ傷つけられた場所によって
障害の程度もかわってきます。

共通していることといえば下半身の麻痺です。下半身の麻痺ということは、
歩行に障害をきたすということで日常生活には車椅子が不可欠となります。

また上半身の麻痺も伴ってくると、手の指、腕も動かせないということです。
さらに重度の障害となってくると全身が動かせなく、呼吸も自力でできないと
いうことになり24時間体制で人工呼吸器が必要となってくるのです。

その上目には見えない障害もあり、それはというと、体温調節ができない
ということであったり、排泄にも障害があったり、さまざまな感覚に障害が
でてくるのです。

頚椎損傷とは、簡単に言えば「首の怪我」ですがそこには人生をも左右する
ほどの障害があることも知っておかなければなりません。

頚椎損傷とは首の骨折のことになります。

頚椎の骨折だけでは重度の障害がのこるということはありませんが、
たいてい首の骨が折れた場合、おれた骨が頚随を傷つけてしまうことにより、
重度の障害が引き起こされるのです。

頚髄の損傷は、首から下のほとんどの機能が消滅するといっても過言で
はないのです。

頚髄損傷とは、人間の体には頚椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎など計32から
34個の椎骨があり、それらの椎骨は背骨で脊髄が通っています。

その脊髄にも頚髄、胸髄、腰髄、仙髄とそれぞれ呼ばれこれらを損傷すると
脳からの命令が途切れるのです。

損傷する部位が頚髄ならば頚髄損傷であります。
胸髄ならば胸髄損傷になり、それぞれに腰髄損傷、仙髄損傷と呼ばれます。
まとめて脊髄損傷、略して脊損といいます 。

どちらにしても、大変で日常生活が一変することになりますので
用心したいものですね。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 頚椎損傷 障害 機能消滅

10:29  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/76-5a5f2d03

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |