FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

運動をするのに適した時間は

2018.08.16 (Thu)

夏の暑さが続く毎日ですが、さわやかに運動する
ことで、毎日を健康的に過ごすことができます。
そこで今回は運動をするにあたって適した時間帯に
ついてのお話をしてみたいと思います。

まずは運動にはあまり適さないとされている時間帯から
確認してみましょう。運動の種類に限らず、食事直後の
30分以内や極端な空腹時は過度な運動を避けるようにし
ましょう。食事後の身体は、食べ物を消化吸収するため
に胃腸に血流が集中しています。しかし、この状態で運
動を始めてしまうと筋肉にもより多くの血流を送らなけ
ればならず、本来必要である胃腸への血流が十分に行き
渡らなくなり、消化不良を起こしやすくなります。

また、極端な空腹時には血液中の糖分が不足し、十分な
エネルギー源が確保できません。エネルギー源の乏しい
状態で運動を続けると、人によってはめまいを起こしたり、
注意力散漫になってケガをしたりといったことが考えら
れます。早朝に運動を行う場合は、軽食や糖分を含む飲み
物(スポーツドリンク等)、バナナなどの果物をとった後
に行うように心がけましょう。

そして、仕事などでどうしても夜しか運動する時間が確
保できないという方は、なるべく就寝直前を避けるよう
にして運動を行うようにしましょう。寝る直前に激しい
運動を行うと、交感神経が活性化して寝つきが悪くなっ
てしまいます。就寝前に行う運動としては副交感神経が
優位になるような、リラックスしてできるストレッチな
どにしましょう。

逆にオススメの時間帯は、午前中です。
朝の時間帯は運動効果が高く、何も運動をしない時と比べ
て基礎代謝が10%程度あがった状態で日中を過ごすことが
できるといわれています。ただし起床直後は身体が十分に
起きていないため、ウォーミングアップを入念に行い、軽
食などをとって空腹状態を改善してから運動を始めると良
いでしょう。また朝の時間は比較的自由に設定できるとこ
ろも大きなメリットです。夕方や夜、帰宅後に運動を行お
うとしても日中の予定次第では、そういった時間が取れな
くなってしまうことも十分に考えられます。

その点、朝の時間帯は仕事や急を要する予定が入ることも
少なく、自由に時間をマネジメントできる利点があります。
ただし朝に運動を継続して行うためには、日頃の生活習慣
を見直し、夜更かしして睡眠不足にならないように注意す
る必要があります。規則正しい生活リズムが大切ですね。

日常生活のなかで運動する時間を確保するのが難しいとい
う方も、せっかくなら運動に適した時間帯を知ったうえで
効率よく身体を動かしたいものです。皆さんのライフスタ
イルにあわせて、毎日少しでも生活のなかに運動を取り入
れてみましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

08:49  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/701-7732a319

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |