FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

肩が痛い

2009.01.07 (Wed)

何となく肩が痛い!
そんな経験は誰でもあると思います。
今回は、そんな肩の痛みについてお話しましょう。

外傷以外の要因で肩が痛い場合には、その原因は
いろいろございますが、一番多いのが五十肩のようです。

腱板といって肩の中のすじに傷がついて、さまざまな疾患を
ひきおこすものです。
その多くはいわゆる五十肩といわれる疾患です。
これは年齢40歳台から70歳台まで幅広く、肩が痛いだけでなくだんだん
腕が上がらなくなってくる病気です。

軽いものは肩関節周囲炎といって自然に治るものもあります。
肩関節周囲炎とは、いわゆる五十肩ともいわれ、50歳ぐらいから症状がでてきます。
痛みがあり、腕をあげたり、回したりすることがつらくなります。
髪の手入れをしたりする動作が困難になったり、さらに症状が進むと疼痛のため、
眠れなくなったりします。

原因は、骨や関節が老化して肩関節の周囲の組織に炎症が起きるからです。

五十肩はほおっておいても時期がくれば治る」といわれていますが、治りにくい
五十肩もあり、日常生活の不自由が続くだけでなく、慢性化して運動障害が
残ってしまうことがありますので注意しましょう。

五十肩を放っておくとだんだん肩痛がひどくなり、しまいには手が頭や顔に届かなく
なってしまいます。
これを拘縮肩といいます。

それでは、簡単な自己診断を

1、肩を押さえると痛む
2、頭に手をやると痛む
3、肩がいたくて歯が磨きにくい
4、上着が脱ぎにくい
5、肩が痛くて眠れない

このような症状がある場合は肩関節周囲炎の疑いがあります。

痛む場合は、肩の周囲が何らかの原因で、炎症をおこしているのは
間違いないでしょう。

原因を確かめ、炎症を抑えることが大切なようですよ。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 肩が痛い 五十肩 肩関節周囲炎

11:16  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/70-4d8303c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |