FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

「おせち料理」の意味について

2009.01.05 (Mon)

明けましておめでとうございます。
さあ、新しい一年の始まりですが、経済も政治も不透明な
年となりそうですが、出来ることから一歩ずつを胸に前進
して行きたいと思っています。

それでは、今年初めのグログは、
「おせち料理」の意味についてお話しましょう。 

そもそも「おせち」の語源は、五節供(ごせっく)という言葉です。

一年のうちに五回ある節句「一月七日」「三月三日」「五月五日」
「七月七日」「九月九日」の際、神様へのお供え料理として作られ
たものが盛大なお正月料理だけをさして「おせち料理」と呼ばれる
ようになりました。

一般的には大晦日に神様へお供えし、年が明けてからそのお下がりを
皆で食べるのが有名です。
一年間の豊かな実りや家族の安泰、子孫繁栄など、様々な願いが
それぞれの料理に込められています。

【黒豆】
家族みんなが「一年中まめ(まじめ)」に働き、「まめ(元気)」に暮らせます
ようにと願いをこめたものです。

【昆布巻】
こんぶは「よろこぶ」の語呂合わせから、おめでたい食材として祝いの
儀には欠かせないものですね。

【きんとん】
「金団」と書き、黄金の団子という意味で財宝を表しています。豊かな
生活が送れるようにとの願いが込められています。

【紅白なます】
お祝いの水引きをかたどったもので、紅白の組み合わせは平安・平和を
願う縁起ものです。

【数の子】
数の子はにしんの卵で、子がたくさん生まれて代々栄えるようにと
子孫繁栄を願うものです。

【田作り】
昔は水田にコイワシを細かくし肥料にしていた事から、豊年豊作・
五穀豊穣を願う気持ちがこめられています。

【海老】
海老は調理により背が丸くなる事から、腰が曲がるまで夫婦共に元気で
長生き出来るようにと長寿を願ったものです。

【伊達巻】
「伊達」とは華やかさ、派手さを表しています。巻物に似ている事から
文化の発展を願う縁起物という説もあります。

このように「おせち料理」に使われている食材はどれも深い意味が
込められています。

昔の人がお正月の料理を一番豪華にしたのは、この時期に訪れる
神様がその年の善し悪しを決めてしまうほど特別な力を持っていると
考えていたからです。

そしてこの神様は大きな音や火が苦手です。そのため音や火を
出すことを慎むために、お重に詰める料理は保存のきくものを作る
必要があったのです。

現在では「おせち料理」を食べない、作らない人も増えましたね。
それでも、新年の食事は普段より豪華にするなど、縁起を担ぐ習慣が
あるのは長い歴史の中で日本人に根付いている文化なのかもしれません。

普段は美味しく食べているだけの「おせち料理」も、その意味を考え
ながら食べることで、より新年を迎えた喜びを感じられるのではないで
しょうか。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : おせち料理 子孫繁栄 家族の安泰

11:31  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/68-47926bf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |