FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

冷え性はなぜ起きるのか?

2018.06.12 (Tue)

特に女性では、手足の冷えに悩む冷え性の方が多いかと思います。
そこで今回は冷え性の仕組みについてお話します。

そもそも冷え性は女性に多い症状です。個人差はありますが女性の
半数から7割近い方が冷えをつらいと感じています。女性は男性に
比べると、①熱を作り出す筋肉が少ない、②皮膚の表面温度が低い、
③貧血や低血圧の人が多いことなどがその理由と考えられます。


まず、冷え性になると手足が冷える理由を考えてみましょう。
“体が冷える”という症状は、体温を調整するメカニズムと密接な
関係があります。わたしたち人間の生命活動を維持する上で大切な
働きをしている酵素の働きは、37℃で最も高まります。そこで、内
臓のある体の中心部の温度をつねに37℃に保つために環境の変化に
応じて体温を調節します。

暑いときは四肢末端や皮膚表面近くにある血管を拡張させ血液の流
れる量を増やすことで外気に向けて熱を逃がそうとします。それで
も足りなければ、汗を出すことで熱を逃がします。

逆に寒いときは、四肢末端や皮膚表面などの血管を収縮させて熱の
拡散を防ぎ、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液
を集めて体温を維持しようとします。そのため血液が行き渡りにく
くなった手先や足先は温度が下がるのです。

さらに寒いと体がふるえますが、これは筋肉を動かすことで熱を作
り出そうとする反応です。


次に、冷え性になる原因についてです。冷え性は、いわゆる体質的
な部分だけでなく、生活習慣のなかで冷えにさらされることの積み
重ねが原因になることがあります。

このことを、東洋医学では「積冷」と呼びます。

たとえばエアコンの普及や衣服・食生活の変化、それに夜型の生活
やストレスの増大も影響して現代人は冷えを感じやすくなっています。
「生活習慣病」という言葉がよく使われるようになって来ましたが、
食事や運動など生活習慣を改善することで疾病の予防や治療に役立つ
ことが西洋医学的でも、ようやく認識されてきました。漢方では古く
から衣食住をはじめとする生活全般にわたる注意、つまり「養生(よ
うじょう)」が重視されており、冷え性対策においてもいろいろな角
度から日常生活を改善していくことが有効です。

適度な運動や半身浴、さらには食生活を見直すことでも冷え性は改善
されることが多いといいます。自分の生活スタイルに合った改善方法
をぜひ見つけ出してくださいね。


スポンサーサイト
16:48  |  冷え性  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/672-cb684487

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |