09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

すい臓がんについて

2017.06.21 (Wed)

近年、がんに罹る方が増えています。日本において
昭和56年より死因の第1位となったこの病気は、現
在では年間36万人以上の人の命を奪っています。日
本人にとって、がんは「国民病」といえるでしょう。

国民の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が
がんで亡くなるとされていますが、そのなかでも
特に危険だといわれているのが「すい臓がん」です。

自覚症状が乏しいため早期発見がきわめて難しく、
進行が早い、そして肝臓などほかの臓器にも転移
しやすいという特徴があります。

すい臓は、胃の後ろにあり、長さ20cmほどの細長い
臓器です。すい臓は2つの役割を果たしています。
食物の消化を助けるすい液の産生(外分泌)と、イ
ンスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホ
ルモンの産生(内分泌)です。すい液は膵管(すい
かん)によって運ばれて主膵管(しゅすいかん)と
いう1本の管に集まり、十二指腸乳頭(じゅうにし
ちょうにゅうとう)へ流れます。

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞
にできます。これを膵管がんといい、すい臓がんは、
通常この膵管がんのことを指します。すい臓は洋ナシ
を横にしたような形をしていますが、膵管はこの細
長いすい臓を貫いて網の目のように走る細い管です。
手術するときは、がんのある位置や広がりによって、
これらのどこを切除するかが決められます。

すい臓がんは自覚症状がまったくない場合が多く、
自覚症状があったとしてもすい臓がんだと気づきに
くいという特徴があります。すい臓がんの症状とし
て1番多いのが、上腹部や背中などの痛みと黄疸です。
黄疸がでると皮膚や白目の部分が黄色っぽくなります。

がんがある程度進行すると、体重減少・全身倦怠感・
食欲不振などの全身症状がでてきます。しかし、この
ような症状は他の病気でもあらわれやすいため、すぐ
すい臓がんと特定することは難しいといえます。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : すい臓がん

09:13  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/667-a3df5a2d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。