05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

血中の鉄分が少ない

2017.05.26 (Fri)

ご承知の通り、鉄は、赤血球の中に含まれ、その大きな働きとして
体のすみずみまで酵素の運搬に重要な役割を果たしている
必須栄養素の一つです。

貯蔵鉄が不足すると、からだ全体が酸欠状態になり、疲労、息切れ、
動悸、たちくらみ、めまい、頭痛などが生じます。
また、鉄分はミネラルのうちでも、不足しがちな要素のひとつで、
動物のレバーなどに多く含まれ、血液が筋肉などに酸素を運ぶ際に消費されます。
そして、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。

体内で鉄分は主に赤血球の中(ヘモグロビン)に含まれますが、食物として胃に
入った時に消化液(酸性)の影響をヘム鉄”あまり受けず 吸収が促進されます。

ヘム鉄は通常肉や魚介類の内臓に多く含まれ、非ヘム鉄の2~5%に較べて
12~15%と高い吸収率を誇ります。

ヘム鉄は、ビタミンC、たんぱく質を一緒に取ると効果的です。
ビタミンCはヘム鉄、非ヘム鉄の両方に作用して、吸収されやすい形へと
変化させます。

ビタミンCの多い果物などと一緒に取るといいです。
また非ヘム鉄は動物性たんぱく質と一緒に取ることで吸収率がぐんとよくなります。
逆にタンニンとの併用は避けるようにしましょう。

お茶やコーヒーなどに含まれるタンニンには、鉄と結びついて吸収率を下げる
働きがあります。

鉄と結びついたタンニンはタンニン鉄となり、水に溶けにくくなるので、腸での
吸収が妨げられ、その結果鉄吸収率も低下してしまうというわけです。

ただし従来は鉄欠乏患者に鉄分サプリなどの摂取において、お茶などの
同時摂取を控えるよう言われてきましたが、タンニンと結合して鉄分の吸収率が
低下しても、影響を受けない鉄分の量の方が多いため、不足を補うという点では
同時に摂取してもそれほど心配するほどの影響はないそうです。

また、炭酸飲料やビールなどに含まれる炭酸、それからリンも、同時に摂取すると
鉄の吸収率が下がりますが、通常ならそれほど気にするレベルでもありませんので
気にされる必要はないでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 鉄分

16:14  |  食事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/664-e7159c25

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |