04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ストレスと自律神経について(2)

2017.02.28 (Tue)

ストレスの症状としては

●精神面の変化
情緒が不安定になり、イライラして不機嫌なったり、
気分が暗く落ち込んだりします。
気力や集中力も低下し、仕事や家事もはかどらんくなります。

ひどい場合は、強い不安感に襲われ、いても立ってもいられない
ような気分に陥ることもあります。
人によっては、妄想や幻覚、せん妄(意識がこん混濁して、
落ち着きがなくなり、錯覚や幻視などを伴う状態)などの
精神症状が現れることもあります。

●身体面の変化
ストレスが過剰になると、自律神経系の働きが乱れます。
そのため、主に自律神経失調症と呼ばれる症状が現れるようになります。

具体的には、体がだるく、疲れやすくなります。
また、頭痛、動悸、めまい、胸の痛み、呼吸困難、肩こりなどのほか、
食欲不振、胸やけ、吐き気、腹部膨満感、便秘、下痢などの胃腸症状が
起こることがあります。

ストレスにかかりやすいタイプ

真面目几帳面
ストレスに陥りやすいタイプのなかで一番多い。
完全主義者が多く、適当に妥協することができず、責任感も強いので、
何もかも自分で背負い込んでしまう。いつも精神的緊張感があり、
少しでもうまくいかないと、落ち込んでストレス状態に。

内向的消極的
誘われたときに「No」と言えない人は、言えない自分を反省して
ストレスに悩まされてしまう。
内面的でおとなしい人がこのタイプ。いつもこの調子でいると、
自己嫌悪の気持ちがたまっていき、ストレスヘと進んでいく。

頑固厳格
頭ごなしに決めつけたり、威圧的な態度をとる人は、ストレスを
ためやすいタイプ。

がんこなゆえに他人のミスが許せず、誰かが失敗するとすぐ
カッカしてしまう。
この怒りがストレッサーとなり、ストレスに陥ってしまう。

とりこし苦労
とりこし苦労ばかりしている人は「うまくいくかな、大丈夫かな」と
いつも不安な状態なので、心がやすまるひまがない。
不安はストレス状態を引き起こす要因になるので、このタイプは
いつも不安というストレッサーに怯えているようです。



スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

09:50  |  精神  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/645-a7ed362d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。