FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

うつ病について(2)

2017.02.22 (Wed)

うつ病は、気持ちの持ちようではありません
自分にとって大切なもの(対象)を失ったとき(心理的原因)、
職場での人間関係や夫婦間・親子間の問題などが悪化したとき、
ストレスや慢性的な疲労がたまり身体のバランスを崩したときなど
からうつ病が発症します。

特に、几帳面でまじめな性格の人(性格的要因)はうつ病になりやすいと
言われています。
このように、うつ病は、さまざまな要因が単独あるいは重なり合い、
脳内の情報伝達で重要な役割を担う神経伝達物質であるセロトニンや
ノルアドレナリンなどのバランスが崩れることによって引き起こされると
考えられています。

うつ病では、心と体の両方に、以下のようなさまざまな症状が現れます。
このような症状は、朝から午前中にかけて強く出ることがあります。

◆ 精神症状
意欲・興味の減退 : 何をするのもおっくう、何も面白いとは思わないなど。

知的活動性の低下・判断力、記憶力の減退・仕事の能率の低下

憂うつ気分・悲哀感 : 自分自身は自覚していないことが多いが、
熟練した精神科医が聞き出すと大半の患者にみられるようです。

・自信がない
・とりこし苦労
・罪責感
・自殺念慮(自殺を考える)
・自殺企図(自殺を実行する)

◆ 身体症状
睡眠障害(不眠、早朝覚醒)
頭痛・肩こり
倦怠感・疲労感(だるい、重い)など
食欲不振
性欲減退

うつ病の治療は、休養、薬物療法、精神療法の3本柱からなっています。
うつ状態にはいろいろな症状や病気の原因があり、軽度なものから重度まで
さまざまです。

また、それを引き起こす原因も複雑にからみあっています。そのため、
これらの要素を考えながら治療を行います。
うつ病の治療で一番大切なことは、焦らずゆっくり休むことです。
家族や職場など周囲の人は、うつ病を理解することが不可欠です。

患者を気づかうことは大切ですが、「頑張れ」と励ますことや「重大な判断」を
求めることは、かえってマイナスになるので気をつけましょう。

薬物療法では、主に抗うつ薬と呼ばれる薬が使われます。抗うつ薬には
さまざまなものがありますが、最近はSSRIやSNRIなど、従来の抗うつ薬で
問題となっている副作用が少ない薬も登場しています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きを増強する薬で、従来の
抗うつ薬に比べて、 心臓に悪影響を及ぼす副作用や口の渇き、便秘などの
副作用が少ないといわれています。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの働きを増強する薬で、
SSRI同様、従来の抗うつ薬で問題となっている副作用が少ないといわれています。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:57  |  精神  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/642-caad68fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |