04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

熱中症をよく知ろう

2017.01.31 (Tue)

蒸し暑い季節ですが、皆さんはどのような暑さ対策を
していますか?
毎年、「熱中症」「熱射病」「日射病」などの体調不
良でお亡くなりになる方がいらっしゃいます。それは
自分でも気がつかないうちに重症の症状になってしま
いがちなためです。

そこで今回は、暑い夏を乗り切るためにどんなポイン
トに気をつければいいのか、基本的な知識を交えてご
紹介したいと思います。

そもそも「熱中症」は「暑熱環境における身体適応の
障害によって発生する状態の総称」と定義されます。
簡単にいうと、「気温・湿度の高い環境によって引き
起こされる体調不良」といえるでしょう。

この「熱中症」の最重症型が「熱射病」です。また、
太陽光が熱源となって脱水などを引き起こし、相対的
に循環血液量が減少しておこる“立ちくらみ”のこと
を「日射病(熱失神)」といいます。「熱射病」の中
で、太陽光が熱源となっているものを「日射病」と記
しているものもあります。すこし紛らわしいですね。

熱中症」には、「熱失神」「日射病」「熱けいれん」
「熱疲労」「熱射病」といった病態が存在します。
しかし、定義自体があいまいで混乱があることや重症
度を把握しにくいという問題点があります。さらに
熱中症」は予防・早期発見・早期診断が重要である
ことから、専門家以外でも理解しやすい分類と疾患概
念が必要とされてきました。

そこでI~III度の3段階に分類する熱中症の新分類が
提案され、今回「熱中症診療ガイドライン」が日本救
急医学会から作成されるに至りました。「熱中症」の
新分類では、意識障害の有無などをもとに「現場で対
応可能」「受診が必要」「入院が必要」の3段階に単
純化されるようになりました。

熱中症の発生に最も寄与する気象要素は「気温」です。
夏期の湿度が高い日本では、気温だけでなく「湿度」
も熱中症の増加に大きく寄与します。梅雨明け前後7月
中旬から8月上旬にかけてピークを迎え、発症時期は
12時および15時前後の日中が最も多いとされています。
また、暑くなる前は、真夏よりも低い温度で熱中症が
発生するので注意が必要です。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 熱中症 熱射病 日射病

13:29  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/631-a97405d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。