04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

正しい歩き方について

2017.01.12 (Thu)

皆さんはご自分の歩き方が正しいかどうか、
意識したことはありますか?

不自由なく歩けているのにそれが正しいかどうかなんて
そう意識の高い方でないとわざわざ確認はしないかもし
れません。また、そもそも何が正しい歩き方なのか不確
かな中で、自分をその基準に照らして確認することも難
しいかもしれませんね。

しかし、ヒトの進化の過程をみると、どのような歩き方が
理想的であるかは、ある程度推測できるのです。そして、
その理想的な歩き方に照らし合わせてみると、多くの人
の歩き方は異常または不自然な状態になっています。

そこで今回は「正しい歩き方とは何なのか」についてお話
をしたいと思います。

1つ目の特徴は、私たちの「踵」です。ヒトの踵は類人猿の
倍くらいあります。さらに踵の脂肪層はとても厚く、クッショ
ンの役割を担っています。これが何を意味するかというと、
私たちは踵から歩く動物だということです。走ることに特化
した動物は踵がなくなっていきます。代表格が馬ですね。
馬の蹄は人間でいう中指にあたり、踵はとっても上に位置
します。

踵から着地というのは一般的にも言われていますが、骨格
から見ても正解なのです。ちなみに、走るときは着きません。
陸上の短距離用のシューズを見ると踵がそもそもありませ
ん。走るときは足の前の方のみが接地します。

二つ目の特徴は、膝と股関節が伸びて真っ直ぐになってい
ることです。当たり前と思われそうですが、類人猿はどちら
も曲がっていますし、四足動物も膝は伸び気味のものもあ
りますが、股関節はさすがに曲がっています。

ヒトは膝と股関節を伸ばすことで、体よりも脚を後方に、逆
に言うと脚よりも体を前に位置させることで効率的に前に移
動することを可能にしています。これは、前に転倒する力を
生み出しているといえます。猿回しの猿も、調教を1年以上
すると、膝も股関節も伸びてくることが確かめられています。

三つ目の特徴は、胸郭が楕円ということです。類人猿は円
錐型をしています。ヒトは体を捻るという特徴があるため、
回りやすい楕円になったと考えられます。私たちの二足歩
行の最大の利点は、腕が自由に動かせるということです。
これによって巧緻動作が発達し、道具を作り、字などの表現
も可能になったのです。歩くときの腕は、脱力をして振るのが
本来です。

以上をふまえて考えると、「正しい歩き方」のポイントが見
えてきます。

1.歩くときは踵から

2.鼠径部をよく開く

3.腕を脱力して振る

この3つを歩き方に取り入れるだけで、日々の積み重ねが
体を作っていきます。ぜひとも正しい歩き方で健康な毎日を
過ごしましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 健康

10:10  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/622-5ef48981

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。