FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

尿路結石を予防する

2017.01.11 (Wed)

人が感じうる痛みのなかでも最大級と言われる
「尿路結石」という病気をご存知ですか?知らないうちに腎
臓の中に石ができ、ある日突然激痛を引きおこすという恐
ろしい病気です。実は日本人の10人に1人が生涯で一度は
経験するといわれるほど患者が急増しています。

そこで今回はこの「尿路結石」という病気についてお話をし
たいと思います。

まず1つめは、尿石の元となる「結晶」を尿内に作りやすい
人の特徴です。その大きなポイントは、肉食中心の食生活
をしているケースだといわれています。肉や卵など「酸性食
品」と呼ばれるものは、尿が強い「酸性」に傾き、結晶の原
因になります。

【慢性的な酸性尿の目安】

健康な人の尿のPHの値は、6.5くらいの「弱酸性」ですが、
それがより酸性に傾いた5.5くらいになってくると、結晶が
できやすい状態になります。尿のPHは食事によって変動
するため、一度PHの値が5.5くらいになっても心配する必
要はありません。しかし、この状態が3日くらい継続するよ
うだと、尿が慢性的に酸性になっている可能性があります
ので食生活を見直すきっかけにすることを、おすすめします。

2つめは最新の結石予防法についてです。
「結晶」を固めて「結石」へと成長させる犯人は、「オステオ
ポンチン」です。これは、腎臓の細胞がシュウ酸の攻撃に
反応して出す物質で、体を守ろうとして、石を作っていると
考えられています。この「オステオポンチン」が働きすぎな
いようにするには、シュウ酸の攻撃から細胞を守ってくれ
る「抗酸化物質」の摂取が効果的ということが解明されてき
ました。

抗酸化物質を含む食品としては、お茶や青魚、ブルーベリ
ー、大豆、かぼちゃ、にんじんなどがおすすめです。

腎臓内に結石があるかどうかは、エコー検査やCT検査を
受けることで分かります。最小で1mmサイズの石まで見つ
けることができます。しかし、3mmくらいまでの結石は最短
で3週間でもできる可能性があるため、激痛に襲われる前
に確実に発見するということは難しいのが現状です。

そこで、早期発見よりも予防に力を入れることで結石を予防
することが大切なのです。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

11:47  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/621-904a24be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |