FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「発熱力」の低下で病気に気づけない!

2016.12.06 (Tue)

体調を知る目安になる「体温」は細菌やウイルスが
侵入すると高熱がでます。ところが、肺炎などにか
かっても、熱が上がらないタイプの人がいるのをご
存知ですか?ほうっておくと危険な「発熱力」の低
下についてお話をします。

近年、高熱がでないため病気に気づかず、症状が悪
化したという人が、肺炎では75歳以上の約3割、イン
フルエンザでは高齢者の約5割、成人の約2割もいる
といわれています。なぜ、肺炎などを発症しても高
熱がでないのでしょう。

それには高齢になると衰えてくる「筋肉」が大きく
関わっていると考えられています。筋肉に含まれる
「サルコリピン」というたんぱく質には、食事から
とった糖や脂肪をもとに熱を作り出す働きがありま
す。細菌やウイルスに感染したときにも発熱を促し
て免疫力を高め、ウイルスの増殖を抑制しているの
です。

そのため筋肉量が減ると「発熱力」が低下し、いざ
というときに免疫力をあげることができないのです。

筋肉量を増やし、発熱力の低下を防ぐために手軽な
ウォーキング方法をオススメします。

ややきついと感じる速歩とゆっくり歩きを3分間ずつ
繰り返すだけです。1週間で速歩の時間が合計60分以
上になるのが目標です。たとえば3分の速歩を1日5回
なら、週に4日でOKです。

さらに、速歩後30分以内に牛乳200mlを飲むことも
ポイントです。運動後30分~1時間の間は、損傷した
筋肉を修復するためにアミノ酸を多く取り込みます。
このときにアミノ酸を多く含む牛乳を飲むことで筋
肉にどんどん吸収されて筋肉量が増えるのです。

年のせいだと諦めずに、お手軽ウォーキングで筋肉
を増やし、病気の予防や重症化の防止につなげまし
ょう。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:57  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/610-876aff85

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |