04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

けん玉・お手玉・折り紙に隠された力

2016.12.02 (Fri)

More・・・

ここでは懐かしい「昔遊び」が脳を刺激するというお話
をご紹介したいと思います。

今ではすっかりやる人も少なくなってしまった「けん玉」
や「お手玉」ですが実はこういった昔遊びには、遊んで
いるだけで集中力を高めたり、脳の重要な部分を活性化
させたりする、すごいパワーがあります。

【けん玉】
けん玉名人がけん玉をしている時、脳では“司令塔”と
もいわれる「前頭前野」周辺の活動が抑えられます。集
中しているときの脳は、必要な部分だけが働き、余計な
部分は働かないよう活動が抑えられるためです。これは、
スポーツ選手などが究極の集中状態の時に感じる「ゾー
ン」といわれる状態に近いと考えられています。

けん玉をして、脳にこの「集中モード」を覚えさせるこ
とで、他のことをしているときでも集中モードに切り替
えやすくやります。ただし、集中モードになるのは、慣
れたワザをしている時だけです。難しいワザにチャレン
ジすると、前頭前野は逆に活発に働くことがわかりました。
こちらは「脳活性化モード」といえます。前頭前野は加
齢やストレスによって衰えやすいのですが、活発に働か
せることで記憶力アップや認知症の予防が期待できます。

慣れたワザをやれば「集中モード」、慣れないワザにチ
ャレンジすれば「脳活性化モード」になる。2つの効果
を自在に得られるのが、けん玉のスゴイ所です。

【お手玉】
「お手玉」にも、ちょっとした工夫でぐ~んと脳を活性
化させる力がありました。その効果は、いま医療現場で
も注目を集めています。普通、お手玉をする時は、右利
きの人は右手で玉を投げて左手で受けます。それを逆に、
左手から投げて右手で受けるようにするだけで、脳の司
令塔・前頭前野が大きく活性化されるのです。

あるクリニックでは、お手玉のこの効果をうつや不安障
害などの治療に活用しています。半年近く不眠に悩んで
いた患者さんは、お手玉療法によって、1週間ほどでよ
く眠れるようになったそうです。

また、お手玉と同様の動作をする「ジャグリング」が脳
に与える影響を調べた海外の研究によると、6週間練習
を続けると脳の神経繊維が6%増えたことがわかりまし
た。練習をやめて4週間後でも効果は持続していたとい
います。お手玉で脳を活性化するには、逆回しのように
あえて難しいワザに挑戦することがポイントです。

【折り紙】
実は、けん玉以上に活性化パワーが強いことが分かった
のが折り紙です。折り紙は、手先を使い、完成形をイメ
ージしながら折るなど、脳の様々な部位を使って行うた
め、より脳の活性効果が高いと考えられます。例えば紙
飛行機を作る場合、上手に折るだけでなく「いかに長く
飛ばすか」という目的をプラスすることによって、より
脳が活性化されると期待されます。

紙飛行機をより長く飛ばすコツは2つあります。ひとつ
は、翼の後ろをほんの少しひねることです。翼の後ろを
爪を立てるようにしてほんの少し上向きにひねります。
これだけで滞空時間がぐんと長くなります。2つめのポ
イントは、真上に投げるように飛ばすことです。紙飛行
機作りの達人が作った「スカイキング」という紙飛行機
は、この2つのポイントによって、4年前、室内での滞
空時間を競う大会で29秒2という世界記録を樹立しま
した。

最終的な仕上がりの形を想像しながら折っていく作業は
脳を活性化させる高い効果があります。手先を使うとい
う意外に“より飛ばす”という目的を設定することで効
果がより大きくなります。

こういった昔遊びは楽しいだけでなく、脳を活性化させ
るという大切な役割も果たしていたんですね。激しい運
動や食事管理が苦手な人も、これなら遊びながら脳の老
化防止ができそうです。


スポンサーサイト

タグ : 健康

10:01  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/608-3038a44e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。