04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「場所」が記憶を思い出すカギ

2016.11.29 (Tue)

突然ですが皆さんは年をとってから「もの忘れがひどく
なった」「ど忘れが増えた」と感じたことはありません
か?そこで今回は脳が若返る記憶術について少しお話を
したいと思います。

じつは記憶力には「覚える力」と「思いだす力」があり、
このうち「覚える力」は年をとってもそれほど衰えません。
低下してしまうのは「思いだす力」のほうです。

この「思いだす力」を高めるには、記憶したいことを
“場所”と結びつけて覚えることが大切になります。
たとえば頭の中に、自分の部屋やよく歩く道筋などを思い
浮かべ、覚えたいものをその場所にある家具や建物などに
、ひとつひとつ置いて覚えていくのです。

【例】
覚えるもの:桃、枕、洗剤、焼き魚

よく通る道筋に、覚えるものをイメージして置いて行きます。
家の隣の街灯の上に桃があり、ポストの横には枕、川に洗剤
がまかれて、コンビニでは焼き魚を焼いていた。こんな具合
です。

自宅から駅までの道中や、自分の部屋、会社のオフィスなど、
よく知っている場所をイメージして覚えたいものを置くこと
がポイントです。このときに活躍するのが脳の中にある「場
所細胞」です。この細胞はその名のとおり、場所の記憶に特
化した細胞で自分が行った場所を次々と覚えていきます。

この機能は、生物がエサを探したり、巣に帰るために重要で
あるため、場所を思い浮かべると覚えたものを自然に思いだ
せると考えられています。この場所細胞は、使えば使うほど
新しい機能が増えるため、脳の若返りに効果があるとされて
います。

世界や日本の記憶力選手権で好成績を残している記憶の達人
たちも、この記憶術を採用しています。皆さんもぜひ一度、
試してみてくださいね。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

10:59  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/607-6816300e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。