FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

冷え性の具体的な改善法

2016.11.28 (Mon)

ここでは冷え性を改善するための具体的な改善法
についてお話をしたいと思います。

■体を温める食べ物を摂る

体を温める食べ物には

・物理的に温かい
・塩気、苦味、渋みがある
・寒い地方で取れる

という共通点があります。逆に体を冷やす食べ物には、

・物理的に冷たい
・砂糖(糖質)を多く含んでいる
・温暖な地方で取れるもの

という共通点があります。つまり、生野菜より火を通し
た野菜、冷たいジュースより温かいお茶、冷酒より熱燗
の方が、当然体が温まります。また刺激のあるものは体
を温めるので、たまねぎ、ねぎ、しょうが、ハーブ、唐
辛子などをうまく利用しましょう。

■タンパク質を効果的に摂る
食事すると体が温まりますよね。これは食べ物を消化・
吸収する時に体がエネルギーを発散するからで、この熱
のことを食事誘導性熱産生(DIT=Diet Induced Thermog
enesis)と呼びます。

実はこのDIT、栄養素によって違うのです。食べたものを
どれくらい熱に変えることができるかを比較すると、タン
パク質は30%、炭水化物10%、脂肪で3~4%くらいと言わ
れています。タンパク質は、筋肉やホルモンの原料になり
ますので、特に体内で構成できない必須アミノ酸を含む良
質のタンパク源(大豆製品、乳製品、肉、魚)は積極的
に食べましょう。

■体を温める栄養素を意識する
ビタミンB、C、Eが不足しないようにするのがポイントです。
ビタミンBは糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーに変える
のに必要といわれています。夏バテ対策ビタミンでもあり、
豚肉などに多く含まれます。ビタミンEは血行を改善して女
性ホルモンバランスを調整する働きがあります。ナッツ類、
アボガドなどに多く含まれます。ビタミンCは貧血改善、細
い血管の働きを維持する効果があります。ストレスやタバコ
で多く消費されるので、心当たりのある方は必要量(1日50mg)
より多く摂取するのがオススメです。

また、精製されたものはビタミン、ミネラルが少ないことが
多いので白砂糖より黒砂糖、白米より玄米など「白より茶色」
の食べ物をとるように心がけましょう。

■規則正しい睡眠を取る
睡眠は人間の体を一定に保つのに重要なので、できるだ
け規則正しい睡眠を心がけるようにしましょう。例えば
寝る時間がまちまちでも、いつもと同じ時間に起きるこ
とも重要です。眠かったら二度寝、お昼寝で補うのも一
案です。体のリズムを一定に保つことが大事なのです。

■心臓から一番遠い足を温める
足は心臓から一番遠いところにある上に、うっ血して冷え
やすくなります。足湯をしたり、足の指が動く五本指ソッ
クスを履く、寝るときに湯たんぽを入れたりと足を冷やさ
ないようにしましょう。また、むくむと冷えが悪化します
ので、こまめに足を上げたり足首を動かしたりするように
しましょう。

具体的に方法をあげてみると、こんなに色々は実践できな
いように思い方も多いかもしれません。食事療法や生活習
慣の見直しなどは自分の生活スタイルと相談しながら、で
きる範囲で試してみてくださいね。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

13:33  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/606-77891263

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |