04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

つらい冷え性は、体のセンサー異常

2016.11.26 (Sat)

ますます冷え込みが厳しい毎日ですが、皆さんはどんな
防寒対策をされていますか?どんなに着込んでも手足が
氷のように冷たい…なんて方もいらっしゃるのではない
でしょうか。実際の暑さ寒さに関わらず、異常に冷えを
感じてしまう症状は冷え性の可能性があります。

そこで今回は、「冷え性がおこるしくみ」についてお話
をしてみたいと思います。

そもそも自然の気温は夏と冬では30℃近く違いますが、
人間には体温を36~38℃の一定の温度に保つ恒常性があ
ります。この体温調節は、主に3つの仕組みで行われて
います。

1、皮膚にあるセンサーで「寒い」という感覚をキャッ
  チして「寒い」という感覚を脳に送ります。

2、脳の視床下部という所から、ホルモンや自律神経を
  介して全身の器官に寒さに負けないよう体温を保つ
  指令が出されます。

3、体の各器官で熱を逃がさないような反応や熱を産生
  する反応が起こります。

具体的には、皮膚では血管が収縮して熱を逃がさないよ
うにしますし、カラダの中では蓄えられた糖質や脂肪を
燃やして熱を作ろうとします。その熱で温まった血液が
全身を循環することによってカラダが温まるのです。
この3つの仕組みのどれかが狂ってしまうと手足などの
異常な冷え、つまり「冷え性」が起こってしまうのです。

もちろん寒いところにいれば体が冷えますが、冷え性の
原因は気温ではなく体の異常が原因だと考えられています。

■皮膚の温度センサーの異常
例えば、冷房や暖房が強く効いた室内と温度差のある屋
外を行き来するうちに、センサーが混乱してうまく働か
なくなってしまうことがあります。きつい靴を履いたり、
合ってない下着をつけることを繰り返すうちに皮膚の感
覚が鈍ってしまうことも考えられます。

■視床下部の異常
視床下部はカラダを一定の状態に保つ司令塔ともいえる
部分です。体温調節だけでなく、自律神経のコントロー
ル、睡眠や食欲、女性ホルモン分泌などにも深く関係し
ています。つまり、視床下部に影響を及ぼすものは冷え
性の原因になりいます。例えばストレス、自律神経失調、
月経異常、更年期、出産など女性ホルモンの分泌が劇的
に変わる時、睡眠不足、などなどですね。

■血流が悪い、熱をうまく産生できない
貧血(血液の量が少ない)、低血圧(血液を全身に送る
力が弱い)、ずっと座っている、立っているなどの仕事
で腰から下がうっ血しやすい、動脈硬化が進んで血管が
細くなるなどの血流の異常も冷え性の原因になり得ます。

筋肉が多いほど熱を産生しやすいことを考えると、男性
より女性のほうが筋肉量が少ないため、冷えやすいと考
えられます。さらに、女性の方がスカートなど体を冷や
しやすいファッションをしやすいことも一因です。さら
に、変動しやすい女性ホルモンの影響を視床下部がもろ
に受けやすいというのも、女性に冷え性が多い原因と考
えられています。

次の「冷え性の具体的な改善法」では食べ物・生活習慣・
運動習慣の3つのポイントから冷え性に対する対策をご紹
介したいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

08:53  |  生活習慣  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/605-a2acf22f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。