FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ぎっくり腰3

2013.10.21 (Mon)

椎間板症が原因の場合は

どのようにしても腰が常に苦しい場合で、立ち上がるときに
膝に手を当てながら伸ばすタイプのぎっくり腰です。

原因は骨と骨の間にある椎間板(ついかんばん)クッションの
役割をする柔らかい軟骨が圧迫されることにより
起こります。

よく耳にする椎間板ヘルニアとはつぶされた椎間板の中身が
飛び出してしまった状態ですが、そこまでひどくはない状態です。

実は椎間板には神経が通ってないので、いくらつぶされても
痛みは感じません。

ですが、圧迫されることで周りの骨や靭帯、神経に炎症が起こり、
痛みの原因になると考えられます。

この椎間板症は腰の激しい苦しさが特徴で、横になっても
苦しくて寝ていられないほどで、
「痛い」という表現ではなく「苦しい」と表現したほうがいいのが、
特徴です。

病院での治療は安静と痛み止めですが、それだけではかなり
時間がかかります。
マッサージで筋肉をゆるめてから矯正して骨を伸ばしてやるといくらか
早く楽になります。
椎間板症は早く治療を始めれば数回で苦しさは取れますが、
ガマンしてひどくなると10日以上かかることもあります。

ぎっくり腰を起こすメカニズムときちんとした対処方法を
知っていれば、ぎっくり腰はクセになるものではありません。


スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ぎっくり腰 椎間板 炎症

15:20  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2015.03.26(木) 22:14 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/601-39442da1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |