FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ぎっくり腰2

2013.10.16 (Wed)

筋・筋膜性腰痛が原因の場合

これは筋肉を包んでいる筋膜というオブラートのような
膜に炎症や亀裂が起きた状態です。

病院で「筋・筋膜性腰痛」といわれるものがこれに
相当すると考えます。
肉離れと同じ分類にされることもありますが、肉離れは
筋肉が断裂する状態ですからそこまでひどくはありません。

筋膜が裂けるので「筋膜裂傷」と呼ばれることもあります。
よく鶏肉のささみなどで肉の表面にオブラートのような
薄い透明の膜が見られますが、あれが筋膜です。

筋肉が伸び縮みすると筋膜も一緒に伸び縮みをしますが、
伸ばしすぎやねじりすぎなどで筋膜が裂け、痛みが出る
ぎっくり腰です。

このぎっくり腰の痛みは筋膜が裂けた直後に出る場合もありますが、
数時間から半日位たってから痛くなる場合もあります。
捻挫のようなグキッという音は鳴りませんが筋膜が裂ける時
プチッ・ヒュッ・ピンという音が聞こえることもあります。

筋膜裂傷のぎっくり腰は、動けないほどひどくはなりませんが、
裂けた筋膜を伸ばしたりねじったりする動作で痛みが増します。

具体的には立ち上がる時・前かがみ・後ろにそる・深呼吸などで
痛みが増すことが多いようです。

筋膜裂傷のぎっくり腰は腰椎捻挫と違ってクセになることは
ありませんが、仕事によって特殊な動きをする方や同じ動作を
くり返す方などは何度も同じ箇所を痛める場合があり、
どちらかというと体が固い方や寒い所で働く方に多く、
疲労などで筋肉が固くなると起きやすいぎっくり腰といえます。




スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 筋膜性腰痛 ぎっくり腰 腰痛

14:59  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/600-aae01fa0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |