04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

レジオネラ症に注意

2011.05.16 (Mon)

レジオネラ症は、過去に複数のレジャー施設や保養施設で
集団発生して死者が出たため、注目を集めた比較的新しい
感染症です。

1976年、米国フィラデルフィアの在郷軍人の会合で重症の
肺炎患者が集団発生し、多数の死者が出た。レジオネラ菌は、
その時に検出された細菌で、菌に汚染されていた空調用冷却塔
から飛散した水を吸い込んだ人に感染したようです。

レジオネラ菌は、水中や湿った土壌中のアメーバの細胞内
生育し、摂氏20度から50度で繁殖し、36度前後で最もよく
繁殖します。

このため、冷却塔のほか、レジャー施設などの循環式浴槽、
家庭の24時間ぶろ、プール、加湿器などが感染源になる
ようです。

レジオネラ症は、レジオネラ菌に汚染された細かな水滴を吸い
込むことで、菌が肺に侵入して起きるもので、菌に汚染された
水を飲んでも感染しません。
レジオネラ菌は塩素消毒で死滅するので、水道水は汚染
されていません。

レジオネラ症の症状は、発熱するだけの軽症タイプと、肺炎を
起こして命にかかわることもある重症タイプがあるそうです。

重症タイプでは、2-10日間の潜伏期があって、発熱、せき、
胸の痛みなどが表れた後、眠気に襲われたり、手足が震えたり、
体の力が抜けたりする症状が表れ、治療が遅れると死亡する
ことさえあり、死亡率は、他の細菌やウイルスによる肺炎より
高ようです。

症状からは他の肺炎と区別することは難しいのですが、尿検査
などでレジオネラ菌が原因かどうかを確定できるそうです。

レジオネラ症には、一般の肺炎によく使われる抗生物質は
効かないが、細胞の中で増える細菌なので、細胞に入り
込む性質の抗生物質なら効果があるそうです。

そのため、薬は、効かないと分かったら素早く切り替える
対応が大切なようです。

レジオネラ症の家庭での予防策について、加湿器や
24時間ぶろの水は、頻繁に取り換え、よく清掃し、
ときどき消毒するといいようです。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : レジオネラ症 アメーバの細胞内 感染源

16:34  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/585-165cc31d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。