FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ナルコレプシー(睡眠障害)

2011.04.18 (Mon)

日中強い眠気に襲われるナルコレプシーは、
食事中や歩行中などに強い眠気に襲われるなどの
睡眠障害が起きる病気です。

ナルコレプシーは2000人に1人ほどいて、70%が
10歳代で発症するそうです。

ナルコレプシーによる睡眠障害は、睡眠覚せい
リズムの障害と、レム睡眠障害の2つに分けられる
そうです。

睡眠覚せいリズムの障害とは、睡眠状態も、
起きている状態も持続できない障害で、

(1)昼間の過剰な眠気=突然眠ってしまう睡眠発作
(2)夜間睡眠分断=眠っている途中で何度も目が
覚める中途覚せいが起きる-の2つがあるようです。

レム睡眠障害は、
(1)情動性脱力発作=笑う、得意になる、感動する、
驚くなどの感情の起伏をきっかけに、全身または顔面、
首、ひざなどの筋肉の緊張が急になくなる脱力状態が
起きる

(2)入眠時幻覚=眠りに入って15分ほどで現実感の
ある夢を見る

(3)睡眠まひ=いわゆる金縛りのこと-の3つがある。
レム睡眠は、レムが急速眼球運動を表す英語の略語で、
眠りがごく浅く、筋肉の緊張がなくて眼球が動いているのが
特徴。

眠りに就くと、眼球の動かない深い眠りのノンレム睡眠が
90分ほど続き、その後レム睡眠に入るのが正常だが、
ナルコレプシーの患者は入眠から15分ほどでレム睡眠に
入るようです。

スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ナルコレプシー 睡眠障害 睡眠覚せいリズムの障害

17:03  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/584-b321118c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |