FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

足浴と手浴の効果とは

2011.01.17 (Mon)

手や足を部分的に温めるだけで、入浴に負けない
効果があるそうですよ。
足浴は脚の疲れを、手浴は片頭痛を和らげるようです。

1日中歩き回ったり、長時間立ちっ放しだったりした
ときや、慣れない靴や合わないパンプスを履いたときは、
脚が疲れますが、そんな入浴する気力もわかないとき
にお勧めなのが、テレビを見ながらでもできる足浴です。

大きめの洗面器などに湯を入れ、熱い湯を入れた
ポットも用意し、湯温は43度。冷めかけたらポットから
差し湯しながら、くるぶしから下を10分から20分ほど
温めるといいようです。
足踏みしたり指を動かしたりすると、さらに効果的の
ようです。

脚が疲れた状態は、血流リンパ液の流れが滞って
いるか、疲労物質の乳酸などが血液中に多くなって
いる状態ですが、足浴すると、水圧によって滞っていた
血液が心臓に戻りやすくなるし、足浴で温まった血液
が体を循環することによって、乳酸や老廃物が尿と
一緒に排出されやすくなるそうです。

手浴は、腕の疲れではなく、位置的に近い頭部の
症状に効果をもたらします。

その一つが片頭痛で、症状を和らげるだけではなく、
頭痛が起きそうだと思ったときに手浴すると予防的な
効果も得られるようです。
もう一つは鼻詰まりで、血管が拡張している鼻詰まり
には効果はないが、鼻の血管が縮んでいる鼻詰まり
は軽くなるようです。

頭痛や鼻詰まりが軽くなるのは、部分浴によって
温まった血液が、縮んだ血管を広げてくれるからで、
温水に数分間、冷水に10秒ずつ交互に漬けると、
緊張型頭痛も軽くなるそうです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 足浴 手浴 血流 リンパ液

18:43  |  入浴  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/566-2f5f083d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |