FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

笑いと元気

2010.10.01 (Fri)

笑いは、体の免疫力を高めるといわれるが、脳にも良い
影響を与えるようです。
笑うことによって、脳は、血液の流れが活発になって、
元気になるようですよ。

笑いが脳にどんな変化を起こすのかを、調査したそうで、
35歳から78歳までの22人(男性14人、女性8人)で、
脳梗塞(こうそく)などの脳血管障害で入院している
人を対象に実施したそうです。

この調査は、脳の血液の流れ(脳血流量)などを
カラー画像で見られるSPECTという装置を使って、
脳の数カ所を測り、寄席の前後で比較する方法で
行ったそうです。
その結果、血流量は、14人で増加し、5人で低下、
3人は測った場所によってばらつきがあったそうです。
血流が増加した人は、落語が面白かったと感じた、
つまり笑った人たちで、低下した人は、疲れたとか、
面白くなかったと感じた、笑わなかった人たちでした。

脳血管障害などが起きると、患部付近の脳細胞は
死んでしまい、再生しないため、脳梗塞患者には
半身のまひや言語障害が起きます。

細胞は酸素や栄養がなければ生きていけませんが、
細胞に酸素や栄養を運ぶのは血液であり、血流量
が増加すれば、脳細胞も生き生きと元気に働くことに
なるそうです。

落語にしろ映画にしろ、何でも面白いと感じるものに
接して、大いに笑うとよく、落語を聞いて笑った人は、
くつろいでリラックスしているときに出現する脳波と、
考えようとして脳が働くときに出現する脳波が、共に
増えていたそうです。

この結果からも、笑いで脳が元気になることが分かった
そうです。



スポンサーサイト



テーマ : 摂食障害 - ジャンル : 心と身体

タグ : 笑い 元気 脳血流量

16:07  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/531-d513fa40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |