FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

セロトニン神経の活性化で元気に

2010.09.30 (Thu)

長引く不況のせいか、落ち込んでいる人が
多いようです。
元気を出すには、元気に関係のある脳内の
セロトニン神経活性化することが効果がある
ようですよ。
セロトニン神経活性化には、座禅の腹式呼吸
などによるリズム性運動が効果的です。

脳は基本的に左右対称の構造になっているが、
セロトニン神経は脳の左右の“縫い合わせ”部分
にあるそうです。

その数は、せいぜい数万個ですが、軸索という
ケーブルを使って脳の広い領域に情報を送って
いるそうで、その情報は、個々の細かな指令で
はなく、意識レベルや心身の状態など生体機能
の全般にかかわるものだそうです。

セロトニン神経は、人が起きて動き始める直前
から活動を開始し、その働きが活性化すると、
心身が適度に緊張すると考えられています。
セロトニン神経は、『元気』という状態を演出する
神経だと言えるようです。

わたしたちが無意識に行っている自律的な呼吸は、
吸気が中心だが、座禅の呼吸法は逆に、呼気
(吐き出す息)が中心になるようです。
座禅ではまず、下腹部の圧力で胸底から上腹部
にかけて空っぽになるまで、十分に息を吐き出し、
吐き尽くしたところで、下腹部の筋肉の緊張を緩め
ると、吸う努力をしなくても自然に鼻から空気が
入ってくるといわれています。

座禅では、こうした腹式呼吸は線香1本たく間
(約30分)続けます。
これは、ハードな呼吸努力を必要とし、座った
姿勢でありながら、30分間ジョギングするにも
匹敵する呼吸量だそうです。

腹式呼吸は、大変厳しいリズム性運動なのですが、
これが、セロトニン神経活性化すようです。

腹式呼吸のリズム性運動がセロトニン神経を活性化
することは分かってきたが、単に深呼吸を数回繰り
返せばいいというわけではないようです。
毎日、少なくとも20-30分腹式呼吸を続けることが
大切で、それによってセロトニン神経が活性化され、
心身ともに元気になってくる実感を体験できるようです。

スポンサーサイト



テーマ : 摂食障害 - ジャンル : 心と身体

タグ : セロトニン神経 活性化 元気

13:57  |  脳の健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/530-ef9dcdb2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |