FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

変形性ひざ関節症

2010.08.18 (Wed)

高齢者の増加とともに、変形性ひざ関節症
患う人が増えているそうです。
自宅でできる治療法として運動療法があります。

症状が軽い場合は、運動療法だけで十分改善
されるそうですよ。

変形性ひざ関節症は、ひざ関節の軟骨が徐々に
すり減り、変形してくる病気で、中高年以降特に
55歳を過ぎた女性に多いようです。

女性は男性に比べ筋力が弱い上、肥満が関係
し、ひざ関節に負担が掛かり、発症しやすいそうです。

症状は、ひざの痛みとこわばり感や立ち上がるときや
歩きだすときの痛みが特徴ですが、進行するとひざが
真っすぐ伸びなくなり、安静時にも痛むようになります。

通常は保存療法で改善されますが、ひどくなると
手術を要しますので、症状を自覚したときには、
我慢しないで最寄りの整形外科を受診した方が
いいようです。

保存療法には、薬物療法、超音波や温熱などに
よる物理療法、運動療法がありますが、症状が
軽い場合は運動療法だけで良くなるようです。

運動療法は、次のような筋力訓練が一般的です。
あおむけに寝た状態で一方のひざを曲げ、もう一方の
脚はつま先を天井に向けた状態で伸ばす。

伸ばした脚のかかとを床から10センチほど上げ、
約5秒間静止してから下ろします。
横向きに寝た状態で、上になった脚はひざを伸ばし
たまま、床から20-30センチほど上げ、やはり約5秒
間静止してから下ろします。

床に脚を投げ出して座り、軽くひざを曲げた状態で
サッカーボールやまくらなどを両大腿(たい)部で挟み、
約五秒押してから緩めます。

いずれの運動も、20回繰り返し、これをワンセットとして
1日2回、朝夕行うようにしましょう。
そして、慣れるに従って、脚を上げる運動には500-
1,000グラムの重りを利用すると効果的だそうですよ。

変形性ひざ関節症については、こちらのサイトで
説明されています。

http://three-b.net/kenkou/shop/hennkeisei-hiza.htm



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 変形性ひざ関節症 軟骨 こわばり

15:36  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/504-2b5aea0d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |