FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

「冷え」に悩んでいませんか?

2008.10.02 (Thu)

なんと、ブログも早3日目です
ふと気がつくと、今年も後3ヶ月あまり、意味なく少しあせってしまうのは私だけでしょうか・・

今回の身体にいい話は、冷え性を改善する話です

今ごろの気候から冬に向けて足が冷たくて眠れない、お風呂でよくぬくもったあとでも、上がったとたん足先はすぐに冷え始めあわてて靴下をはく?

そんな季節、「冷え性」という病名はなくても、実際に「冷え」に悩んでいる人は少なくありません。

「冷え」は体からの”ヘルプ”のサインです。
生理痛や肩こり、便秘、肌荒れなども実は”冷え”と深い関係があるといわれています。

多くは女性の悩みのようにいわれていますが、最近では子供や成人男性にも冷え性が見られるようになってきたそうですよ。
ほかの部分は何ともないのに手足だけが冷たくて、しびれたり痛んだり、そんな経験のある方は少なくないと思います。
冷え性は体温調節機能、血液の循環が悪いことが大きな原因だそうです。

また、低血圧・貧血の人の多くは冷え性に悩んでいるといわれています。
そのような悪循環に陥らないようにまず「冷え性」対策をしっかりしましょう。

冷え性を防ぐ食事と栄養について

冷え性治療の第一歩は、食生活の改善です。
バランスのとれた食事を摂りましょう。(できるだけ沢山の種類の食品をとりましょう!

ダイエット志向の若い女性の間で「生野菜サラダ」中心の食事が好まれる傾向にありますが、冷え性の改善を望む方にはおすすめではありません。
(一般に水分を多く含む野菜を生でたべると体を冷やしてしまうからです)

サラダを摂るなら、温野菜を中心にしましょう。また、四季のはっきりしている日本は、季節の「旬」が豊富です。
「旬」のものは栄養素も豊富です。
上手に「旬」を取り入れ、とくに冷え性対策には火をとおした調理をお薦めします。

栄養素は単独ではなく、複数で手を組んで働きます。
冷え性改善にとくに強化したい栄養素は、ビタミンEやCをはじめ鉄分などのミネラル類と良質のタンパク質です。

できるだけ食事の形で自然に摂ることがベストですが、あくまで、"プラスαの補い"として栄養補助食品をお使いになることもお薦めだそうですよ。

お酒は血行をよくし、体温を上昇させます。とくに冷え性の方にはあたためて飲むことをお薦めいたします。
ただし飲みすぎに注意しましょう。

この季節のおすすめ健康簡単レシピ。いろいろな野菜をコトコト煮込んだ「具沢山のポトフ」はいかがでしょう。
入れるものによっても素材そのものの甘味・うまみを引き出しバラエティーに富んだ演出ができます。
食物繊維が豊富なので、便秘解消にも役立ち一石二鳥です。

続きはまた明日書いてみたいと思います。
スポンサーサイト



17:55  |  ホルモン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/5-a37f1074

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |