FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ストレスとストレス耐性

2010.07.08 (Thu)

ストレスは心身両面で健康に大きく影響しますが、
ストレスのない社会はないのです。
そして、同じストレスでも.個々に受け止め方が異なり、
ストレスといかに上手に付き合うかがポイントになる
ようです。、

ストレスに対する反応は、ストレス耐性によって異なり、
その耐性度を簡単に判定する方法として、ストレス
耐性度チェックリストがあるようです。
これは20項目、80点満点で、40点以下ならストレス
に弱い、50点以上ならストレスに強いと判定するそうです。

人間ドックを受診した789人にこのチェックを行い、
その信頼度(整合性と妥当性)について検討した結果、
専門的には今後さらに検討を加える必要はありますが、
日常におけるストレス耐性度を測定するには十分のようです。
判定基準は45点以下をストレスに弱い、46~54点を
やや弱い、55~69点を問題なし、70点以上はストレス
に強い、とした方がよいようです。

ともあれ、自分がストレスに弱いか否かを客観的に知る
方法として、格好のチェックリストのようです。

中には自分の弱点を直視できない人もいるようですが、
ストレスに弱いからといって悪いわけではなく、個々の個性
の問題のようです。
40点以下でも、周りの人たちと問題なく付き合える人も
いれば、非常につらい人もおられ、つらい人は少し努力
すればいいようです。
ストレスの受け止め方で最も変えやすいのは、否定的な
考え方を肯定的に改めることが大切なようです。

最悪の事態と最善の事態が起こる可能性がある場合、
ストレスに弱い人は、常に最悪の事態を考えがちですが、
それだけでなく、いろいろなケースがあり、少なくとも事実は
事実としてとらえ、物事を客観的に受け止めていくように
訓練するとよいようです。

ストレスに弱い人は、都合の悪いことを人のせいにする
傾向がありますが、人をとがめているだけではストレスを
生み出すばかりですので、要は自分を見詰め直し、
自分自身を客観的に知ることが大切なようです。

逆に、ストレスに強いという結果を得た人でも、周りの
人間関係が円滑で、単に環境に恵まれているだけ
というケースもあるようです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : ストレス 受け止め方 ストレス耐性

11:34  |  精神  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/481-aaf93e78

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |