FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

皮膚がんについて

2010.06.02 (Wed)

足の裏にできたほくろは皮膚がんではないかと心配して、
専門医を訪れる人が多くなっているそうです。

そこで、皮膚がんについてのお話です。

中年以降にできたほくろで、大きくて左右非対称の
ものは注意した方がいいようですよ。

皮膚は、表皮、真皮、皮下脂肪組織の3層から
成っていますが、表皮はさらに4層に分かれており、
皮膚がんは、表皮のどの層に発生するかで分類
されるそうです。

主な皮膚がんは、基底細胞層にあるメラノサイト
(色素細胞)からできるメラノーマ、有きょく細胞
からできる有きょく細胞がん、基底細胞からできる
基底細胞がんの3種類のようです。

メラノーマは、白人に急増しており原因はオゾン層
の破壊による紫外線の増加だといわれています。

ほくろは、体のどこにでもできるが、日本人では、
太陽が当たりにくいはずの足の裏に多いため、
何らかの外傷が原因ではないかとみられている
ようです。

中年以降にできたほくろのようなもので、幅が
7ミリ以上、左右非対称で縁がギザギザ、色調は
黒っぽいがむらがあるような特徴があれば、
メラノーマの疑いがあるようです。

色は黒とは限らず、ピンクのような色のこともあり、
メラノーマは、進行すると盛り上がってくるそうです。

有きょく細胞がんは、60歳以上の人に多く、
紫外線が当たりる顔や手の甲にできた日光角化症
のようなもので、表面はざらざらして、赤みがあり、
やけどや外傷後のはんこんにできたりすることが多い
ようです。
有きょく細胞がんは、進行すると盛り上がってきて、
カリフラワー状になるようです。

皮膚がんの中で最も多いのは基底細胞がんで、
60歳以上の人に多く、顔にできるのが半分以上で、
このがんの症状は、ほくろのようなもので、光沢があり、
盛り上がった硬いしこりがあるのが特徴です。

進行すると中央部がかいようになり、他の2つのがんと
比べて、リンパ節や他の臓器に転移することは少ないが、
皮膚深く入っていくので放っておけないそうです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 皮膚がん メラノーマ 有きょく細胞がん 基底細胞がん

17:21  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/453-0d5f1fce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |