FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

女性の喫煙と肺がん

2010.06.01 (Tue)

女性の喫煙肺がんの危険度が増しているそうです。

今日は、女性と肺がんについてのお話です。

肺がんによる死亡数は年間5万人を超え、男女共に
急増しており、男性では肺がんが胃がんを抜き、がん
死亡数の第1位になったそうです。

女性でも、胃がん、大腸がんに次いで、第3位となって
いるようで、肺がんにかかる原因として、男女共に最も
影響が大きいのが喫煙でそうです。

肺がんには幾つかの種類があるようですが、その中でも、
扁平上皮がん、小細胞がんは、喫煙との関連が強い
ようです。
中でも小細胞肺がんにかかる危険度は、女性では
男性の2、3倍だそうですよ。

喫煙経験者は非喫煙者に比べて、肺がんになる
相対危険度は、男性が9倍、女性が13倍という
結果が出たそうで、小細胞肺がんだけで見ると、
男性11倍に対し、女性は38倍となっていました。

女性が肺がんにかかりやすい原因として、一般に
女性は男性よりも化学物質への反応が強いことや、
細胞のがん化につながる遺伝子変異を起こしやすい
ことなどが考えられるようです。

また、喫煙開始年齢が若いほど、遺伝子変異が
蓄積され、将来肺がんになる危険度も増す可能性
が高いそうです。

肺がん予防のためには、特に若年女性の禁煙指導や、
受動喫煙を減らす対策などが重要のようです。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 女性の喫煙 肺がん 小細胞肺がん

15:59  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/452-bf260066

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |