FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

甲状腺がんについて

2010.05.13 (Thu)

甲状腺がんは、1000人に1人ほどの割合で発生し、
するそうで、女性に多くて男性の5倍だそうです。

30-40歳代の人が多く、このがんはほとんどが、
10年以上かけてゆっくり進行するので、手術すれば
治るケースが多いようです。

甲状腺は、女性では首の真ん中、男性では首の
付け根の辺りにあり、かぶとのような形の甲状軟骨
のそばにあるようです。
甲状腺は新陳代謝に欠かせない、エネルギー消費
の調節などの働きをする甲状腺ホルモンを分泌する
臓器ですが、甲状腺がんは5種類あり、それぞれ別
のがんだと考えた方が分かりやすいくらい性質が違う
そうです。

90%は、命にかかわることがほとんどなく、おとなしい
性質のがんですが、残りの10%の中には進行が速く
て治療が難しいがんもあるようです。

がんが小さなうちは自覚症状は何もなく、少し大きく
なってくると、のどの辺りにしこりができるそうです。

このしこりは、自分で見つけるのは難しく集団健診
やほかの病気の検査のときに、医師がのどに触れて
見つけることが多いようですよ。
ただし、しこりがすべてがんというわけではないそうで、
がんは1、2割ほどのようです。

超音波検査で、ごく小さながんが見つかるケースも
ありますが、急いで手術をする必要はなく、大きさが
1センチ以上であれば手術をするようです。

自分でもはっきりと分かるほどしこりが大きくなると、
声がかすれたり、食べ物がのみ込みにくくなったり
するなど、自覚症状も伴うようで、その段階では
命にかかわる状態のこともあるので、注意しましょう。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 甲状腺がん 触診 超音波検査

13:57  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/440-a2016cd5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |