FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

目のがんに注意!

2010.05.07 (Fri)

目のがんには注意を払う人が少ないようですが、
眼球内にも悪性黒色腫悪性リンパ腫などの
がんができることは、意外と知られていないようです。

今日は、目のがんについてのお話です。

早期発見・治療が欠かせないようですが、それには
まず、こうしたがんの存在を知っておきましょう。

目の主ながんには、網膜芽細胞腫、悪性黒色腫
他の臓器から転移した腫瘍(しゅよう)、悪性リンパ腫
などがあるそうですが、これらのうち網膜芽細胞腫は
遺伝性のこともある赤ちゃんのがんだそうです。
ほかは成人に見られるがんで、総じて増加傾向を
たどっているそうです。

中でも、眼内悪性リンパ腫の診断例が増えている
そうで、眼底に混濁が生じたり、硝子体が濁ったり
などの症状であるため、ぶどう膜炎という他の病気と
間違えられやすいようです。
ぶどう膜炎が治りにくい場合は、この病気が疑われる
こともあるので、専門医を紹介してもらうことが大切な
ようですよ。

悪性黒色腫は皮膚がんとして知られていますが、
眼球内にも単独でできるようで、悪性黒色腫は、
眼球内に黒褐色の腫瘤ができ、その発生部位に
よって視野の一部が欠けるといった症状が出てきます。

他臓器のがんが転移した場合の元のがんとしては
男性は肺がん、女性は乳がんが多いそうです。

乳がんでは、乳がんの診断や治療の後に転移が
発見される例が一般的で、肺がんなどでは眼球内に
転移してから肺のがんが発見されるケースもあるようです。

症状は、やはり視野の欠損や視力の低下を招いたりし、
成人なら、本人の注意次第で早期発見も不可能では
ないのですが、赤ちゃんの網膜芽細胞腫は、両親の
注意が欠かせないそうですよ。

赤ちゃんの瞳が白く見えたり、目の位置がずれて見える
場合(斜視)には、この病気の可能性もあるそうで、眼科
を受診すべきだそうです。

眼球内のがんは、発見が遅れると失明に至るばかりか、
命にかかわるそうで、目にもがんが発生することをよく
理解しておきましょう。



スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 眼球 悪性黒色腫 悪性リンパ腫

15:23  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/436-b655f5dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |