FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

増えている大腸がん

2010.04.30 (Fri)

現在、大腸がんが増え続けているそうです。

今日は、大腸がんについてのお話です。

進行した大腸がんは、便秘と下痢の繰り返し
などの自覚症状がありますが、治るケースも
多いので、便通に変化が見られるようなら、
内科で検査を受けたほうがいいようです。

最近の厚生労働省の統計では、がんによる
死亡のうち、男性の4番目、女性の2番目が
大腸がんだそうですよ。

大腸がんは早期に見つかると、おなかを切らずに
内視鏡を利用して治療できますが、集団健診
など定期的な検査を受けないと早期発見は
難しいようで、検査を受ける機会がない人は、
症状を自覚してから受診することになります。

自覚できる症状は便通の変化だそうです。
便通が不規則になった、排便時におなかの
左側が痛い、便秘と下痢を不規則に繰り返す、
といった変化が起きるようです。

出血や、血が混じった便に気付く人もいますが、
ただ、こうした変化は毎日の生活に差し障るほど
ではないため何となく慣れてしまう人もいるそうです。

自覚症状が出た段階で、がんは既に進行しているが、
進行していても手術で治るケースも多く、便通の変化
に気付いたら、大腸がんの便潜血反応検査を受け
ましょう。
内科へ行って検査用キットをもらい、自宅で行う簡単
な検査だそうですよ。

大腸がんの約70%は肛門(こうもん)に近い直腸と、
直腸につながる部分にあるS状結腸にでき、残りの
約30%は大腸の大半を占める結腸にできるようです。

死者数は、直腸がんより患者の数が少ない結腸がんの
方が多いようで、結腸がんは、便潜血反応検査で
見つかりにくく、進行してもほとんど自覚症状がない
ためだと考えられているようです。

結腸がんでは貧血になる場合がありますが、じわじわと
進むので、本人は気付きにくいようです。
妙に顔色が白いなどと指摘されて受診する人も多いようです。

自覚症状の有無にかかわらず便潜血反応検査した方が
いい人は、40歳以上で、

肉食が多く野菜をあまり食べない
家族に大腸がんの人がいる
血便、出血が起きた

このうち一つでも当てはまるものがあれば、毎年検査を受け
た方がいいようですよ。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 大腸がん 早期発見 便潜血反応検査

14:44  |  がん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/433-c8b542a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |