FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

日常生活の中での運動

2010.04.20 (Tue)

運動不足は、高脂血症や糖尿病などの
生活習慣病の一因になるそうです。

そこで、日常生活の中での簡単な運動について
お話します。

運動不足生活習慣病の増加に拍車を掛けて
いるようです。
それを防ぐには、まず、自分の運動不足の程度を
チェックしましょう。

スポーツ観戦で運動した気になったり、ジムに登録
しただけで安心したりしている人が多いようですが、
運動不足を感じたら、生活の中で簡単にできる
運動をするのがいいでしょうね。

運動には、筋力を鍛える無酸素運動と、持久力を
養う有酸素運動があり、前者の代表が腕立て伏せや
スクワットですが、1日1回でもいいから、まず行うことが
大切なようです。

一方、手軽な有酸素運動がウオーキングですが、
ペットや子供と散歩する、お年寄りのいる家庭では
リハビリテーションを兼ねて歩くなど、日常生活に組み
込むといいでしょうね。

ただし、運動効果を上げるには、それなりの歩き方が
必要のようで、現代の日本人は、日常の食生活で、
1日当たり300キロカロリーを過剰に摂取しているそう
ですが、それを消費するには、1日45-50分歩く
必要があるようです。

それも、うっすらと汗をかく程度の速さで歩きましょう。
2人で歩く場合なら、会話ができる程度の速度がいい
ようです。

有酸素運動の最初の20分は糖質が燃え、その後に
脂肪がエネルギーとして使われるので、少なくとも1日
30分以上は歩いた方がいいようですよ。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 運動不足 生活習慣病

13:49  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/425-5b414729

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |