FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

きゅう覚障害

2010.03.04 (Thu)

原因はさまざまですが、お年寄りに増えている
きゅう覚障害についてお話いたします。

きゅう覚障害は、においをかぎ分ける働きに
何らかの原因で障害が起き、においが正しく
感じられなくなる病気だそうです。

(1)きゅう覚脱失=全くにおいを感じない
(2)きゅう覚減退=健常者に比べ、においを
  かぐ能力が弱い
(3)きゅう覚過敏=においに敏感過ぎる
(4)きゅう覚錯覚=これまでとは違ったに
  おいに感じる
(5)きゅう覚幻覚=においが存在しないの
  ににおう。

高齢者のきゅう覚障害は、ほとんどが(1)と
(2)のケースです。

障害の起きる原因は、私たちの調査では、
最も多いのが慢性副鼻腔炎で、ほぼ半数を
占めているそうです。

次に多いのが、加齢に伴う老化現象を含めた
原因不明のケースや、風邪を引いた後に
においのセンサーである「きゅう粘膜」がウイルス
で障害を起こしたケースなどだそうです。

このほか、脳血管障害などで、においの中枢に
異常が起きる中枢神経性きゅう覚障害の場合
もあるようです。

お年寄りでは、きゅう覚障害があると、日常生活
に支障を来すばかりか、食中毒やガス漏れなどの
事故で命にかかわる危険性もあるそうで、きゅう覚
に異常を感じたら、最寄りの耳鼻咽喉科を受診し、
必要に応じてきゅう覚障害の専門外来のある医療
施設を紹介してもらうといいようですよ。

中枢神経性きゅう覚障害の場合は、治療が難し
いようですが、他のケースでは、対応が早いほど
治療効果が上がるそうです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : きゅう覚障害 老化現象

13:33  |  臭い  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/392-cdc1c53a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |