FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

脚から発症する動脈硬化

2010.02.22 (Mon)

動脈硬化というと心臓や脳など、体の上部の疾患と思い
ますが、脚から発症するケースが急増しているそうです。

70歳前後のお年寄りに多く、心筋梗塞脳梗塞
起こしかねないようです。

そこで今日は、脚から発症する動脈硬化について
お話します。

動脈硬化で脚の血管が詰まったり、狭くなったりする人が
このところ激増しているようです。
動脈硬化は全身的な病気ですが、腰や脚の動脈が詰ま
って症状が脚に出るケースは決して少なくないそうで、
こうした人の3分の1が心筋梗塞など虚血性心疾患を、
4分の1は脳血管障害を起こしているそうです。

動脈が詰まりやすいのは、腹部大動脈から腸骨動脈 、
大腿(たい)部の浅大腿動脈 、ひざから下の下腿動脈
の3個所で、症状はそれぞれ異なるようです。

腹部大動脈から腸骨動脈、さらに浅大腿動脈が詰まった
場合は、間欠性跛行と言って、ちょっと歩くと虚血状態に
なり、ふくらはぎや太もも、尻などが痛くなるそうで、しばらく
休むと、痛みは取れてまた歩けるようになるようです。

下腿動脈が詰まるのは、基礎疾患として糖尿病を持つ
人に多く、足にかいようや壊死を起すそうです。

いずれにせよ、こうした症状に気付いたときには、迷わず
血管外科もしくは外科を受診すべきのようです。

治療には、抗血小板薬や血管拡張剤による薬物療法、
人工血管や自分の静脈を用いてバイパスを作る手術、
狭くなっている血管を広げるバルーン(風船)療法 が取ら
れるが、糖尿病が基礎にあり、足にかいようや壊死が
見られる場合は、まずバイパスを作る手術が必要になる
そうです。

一方、日常生活ではリハビリが欠かせないようで、
多少の痛みは我慢して積極的に歩くようにすることが
大切なようです。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 動脈硬化 心筋梗塞 脳梗塞

13:56  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/384-a5a736c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |