FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

筋力の低下

2010.02.19 (Fri)

お年寄りは、転倒、骨折、寝たきりといった経緯を
たどることが多いのですが、筋肉の衰えがその一因
になるようです。

そこで、今日は筋肉をつけるお話です。

筋肉量の減少や筋力の低下は、20-30歳から
徐々に始まるが、高齢になるとそれが一層著しく
なるそうです。
老化に伴う筋肉の委縮は、活動量の減少が筋力
の低下を招き、そして筋力の低下が活動量をさら
に減少させる悪循環となって、ますます進むことに
なるようです。

筋力は筋肉量と比例し、筋肉量の減少は骨の
減少につながります。

このため、筋力の衰えた高齢者は、転倒しやすく、
転ぶと骨折、寝たきりといった経緯をたどりやすい
ようです。

より良い老後を過ごすには、筋力の増強が望まれ
ます。
年だからとあきらめている人もいるが、高齢になっても、
筋力トレーニングをすれば筋肉は付きます。
筋力トレーニングは、筋肉を付けるだけでなく循環器
の働きにもいい効果が得られるそうです。

しかし、自分の体力に合わせ、無理をしないで
マイペースで取り組むことが大切なようです。
筋力トレーニングは、上半身はダンベル体操下半身は
速歩が効果的だそうですよ。

ダンベル体操は、1キログラム以下のダンベルから始める
といいが、ダンベルがなかったら適量の水を入れたペット
ボトルなど身近な物を利用してもいいようです。

それを自分の筋力と相談しながら、関節の動く範囲内
で持ち上げますが、その際、息をこらえると血圧が上昇
するなどの危険を伴うので、力を入れるときには、息を
吐くようにしましょう。

運動量は、翌日に筋肉痛が残らない程度にすることが
大事で、これは速歩も同様だそうです。
まず、散歩から始め、速く歩ける体力をつくるのが第一で、
靴も歩行に適したものを選び、かかとから着いてつま先で
けるように歩くといいようです。

速歩ができるようになれば、つま先立ちで歩くようにすると、
より効果的ですが、決して無理をしないで徐々に慣らして
いくことが大切なようですよ。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 筋力の低下 筋力トレーニング 運動量

10:07  |  運動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/382-c247f22c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |