05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

認知症の早期に発見について

2010.02.17 (Wed)

脳卒中後遺症治療の進歩によって、脳血管性の
認知症は予防も可能になってきたそうですが、
アルツハイマー型認知症は年々増え続けている
そうです。

そこで、今日は、アルツハイマー型認知症
早期に発見についてお話です。

アルツハイマー型認知症は現在、確立された予防、
治療法がないので、早期に発見して少しでも進行を
遅らせることが、本人と家族の負担軽減につながる
ようです。

お年寄りの認知症は、脳血管性とアルツハイマー型
とに大別されますが、かつて日本では脳血管性が
圧倒的に多かったのですが、最近はアルツハイマー型
方が多くなったということです。

1991年以前は脳血管性とアルツハイマー型の割合は
ほぼ 3 対 1 でしたが、それ以降はアルツハイマー型52%、
脳血管性33%、残りが混合型などほかのタイプとのこと
ですよ。

アルツハイマー型の認知症では、受診時に共通した反応
が見られるそうで、通常、家族が付き添って受診しますが、
質問された本人は、必ずといってよいほど、そばに立って
いる家族の顔を見て、教えてほしい、答えてほしいといった
動作をするそうです。

家族が右にいれば右を、左にいれば左を見上げるので、
これを『左右見上げ 症候群』と呼んでいるようです。

この動作は、自分に自信がなく、だれかに頼りたいという
患者の気持ちの表れと考えられています。

家庭で、お年寄りが何か聞かれたときにそばにいるほかの
家族の顔をうかがうような動作をするようになった場合は、
アルツハイマー型の認知症が疑われるそうです。

ただし、こうした動作を示すようになったときには既に発病
しているので、そうなる前に発見して、適切に対応した方が
よく、その目安として、ぼけ予測テストを参考にするとよい
ようですよ。

このテストは、ぼけのごく初期、ぼけの始まり、あるいはぼけに
進展する可能性のある状態を、本人や家族の人が簡単に
予測できるように考案されているそうです。

中でも重視すべきは、表の 7 から10の設問だそうです。
病的と評価された場合は、まず掛かり付けの内科医に相談
してみることで、病状に応じて、神経内科もしくは精神科を
紹介してもらうとよいそうです。



スポンサーサイト

テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 認知症 アルツハイマー型 ぼけ予測テスト

14:16  |  脳の健康  |  Trackback(2)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/380-3459bdc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ボケない技術―「もの忘れ外来」の現場から {奥村 歩 著}から一部ご紹介 認知症の研究からわかってきている事です。 l 体を動かす人はボケ...
2010/06/27(日) 20:02:45 | ふるさとコール日記
ちょっと健康になろうよ 認知症の早期に発見について
2011/05/17(火) 17:22:12 | ちょっと健康になろうよ

▲PageTop

 | HOME |