FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

子供のよだれについて

2010.01.23 (Sat)

幼い子供に、よだれは付き物で、多くは生理的なものだが、
中には病気が原因のケースもあるようです。

そこで今日は、子供のよだれについてのお話です。

見逃していると、いじめなどを受け、子供の精神的発育にも
影響しかねないそうですよ。

よだれというと特別なもののように思いがちだが、よだれ
だ液そのもので、だ液の分泌量が多かったり、逆に、だ液
飲み込みが悪かったりすると、よだれとして唇から垂れてくる
そうです。
3歳から5歳にかけては、だ液腺が発達してだ液分泌が
高まる時期です。
生えてくる歯の刺激によってもよだれが多くなりますが、
その後は、脳の働きの発達によって出過ぎないようになる
ようです。

こうしたよだれは、大抵は小学校入学前後に治りますが、
その時期になってもひどいときは、虫歯や歯のかみ合わせ、
口内炎、その他の病気や異常が原因になっている可能性
があようですよ。

小学校入学時期を迎えても、よだれがひどい場合は、
こうした原因を疑って、まず、最寄りの耳鼻咽喉科を受診
すべきだそうです。

虫歯や歯のかみ合わせなどに問題があると診断されたなら、
歯科医を紹介してもらいましょう。

たかがよだれと軽視していると、子供が学校でいじめに遭い
かねないし、また、両親が「だらしない」などとしかったりすると、
ストレスになって子供の心の発達に悪影響をもたらすことも
あるようですよ。

スポンサーサイト



タグ : よだれ だ液 歯の刺激

10:30  |  子供  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/362-c9296cdd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |