FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

新型インフルエンザ

2009.10.16 (Fri)

今回は、最近ニュースや新聞でさわがれている
新型インフルエンザについてお話したいと思います。

というのも5月16日以降、兵庫県や大阪府などで
感染確定の例が相次いで報告されていらい、
ついに国内での感染が拡大して、学級閉鎖や
学校閉鎖などが発生しています。
これから、寒くなり一段と流行の心配が危惧され
ている今こそ、正しい知識をおさらいしておきましょう。

新型インフルエンザと一言にいっても、
今回はブタ由来のインフルエンザで正式には
A型インフルエンザウイルスH1N1亜型です。

一部報道では「豚インフルエンザ」などとも呼ばれて
いましたが、“豚肉を食べると感染する”というような
誤解を招いてしまうこともあり、今では「新型インフル
エンザA(H1N1)」と表現されています。

このインフルエンザA(H1N1H)は感染力は強いものの、
弱毒性だといわれています。
そのため、もし感染したとしても重症になりにくく
死者も少なくすむ可能性が高いということです。

しかしこれから先、本当に心配しないといけないのは、
弱毒性であるとされてる「新型インフルエンザA(H1N1)」が
変異して強毒性になってしまうことです。

今までにない新たなウイルスに対して、人類は抗体を
もっていません。
そのため感染は急速に広まり、人から人への感染を
繰り返すなかでウイルスそのものが変異することが
あるのです。

例えば今まで有効とされていたタミフルに耐性を
もつようになったり、弱毒性だったものが強毒性に
なってしまう可能性があるのです。

通常の季節性のインフルエンザとの違いもここにあります。
抗体がないために急速に広まる新型インフルエンザですが、
それ以上に恐ろしいのは感染した人間の体内でウイルスに
変異が起きることです。

変異を防ぐには人から人への感染拡大を抑え、「出来る
限り感染者を減らすこと」が大切です。

むやみにパニックを起こす必要はありませんが、1人1人が
冷静にそして慎重に行動するよう心がけましょう。

明日は、効果的な予防法をご紹介したいと思います。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新型インフルエンザ 新型インフルエンザA(H1N1 タミフル

11:12  |  インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/291-7558a17e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |