FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

二日酔いには・・・

2008.10.29 (Wed)

ちょっと油断していたら、昨日もブログを書くのを忘れていました。
反省、反省、いかんなぁ~

どうも仕事が忙しくなるとダメみたいです。
まだ習慣として、定着していないようです。

さて、これからは何かと、お酒を飲む機会が増えている方も多いのではないでしょうか。
楽しい飲み会の次の日は二日酔いでグッタリ!なんて辛い悩みも耳にします。
しかし、そんな二日酔いにもタイプがあることを皆さんはご存知でしょうか?

タイプを見極めることで対処法にも違いがでてくるといいます。
今回はそんな二日酔いの豆知識についてご紹介しましょう。

実は二日酔いには2つのタイプがあり、それぞれの特徴と対策があるといわれています。
1つはアルコールが体内に残っているタイプです。

アルコールの分解過程でできる毒性の強いアセトアルデヒドが体内に残ってしまっているため、頭痛やだるさが起ります。

このタイプの対策はアセトアルデヒドの濃度を薄める水分補給が有効です。
逆に、発汗を促す「お風呂」は濃度が増してしまうので要注意といえますね。

アセトアルデヒドの分解を進める、グレープフルーツジュースや卵焼き、柿などがお勧めなんだそうです。

2つめのタイプは体内にアルコールが残っていないのに、頭痛がするタイプです。
アルコールが血管内に流れると血液中の水分が浸透圧によって細胞内に溢れ、脳がむくんでしまいます。

アルコールが抜けても脳のむくみがとれないため、頭蓋骨が圧迫されて頭痛が起るのです。
このタイプの対処法は、余分な水分を出すことが重要なので「お風呂」や「運動」が効果的です。
お茶やコーヒーなど利尿作用があるものを飲むのもお勧めだといわれています。

単に二日酔いといっても、タイプによって対策は大きく異なります。無理な飲酒は控えたいところですが、そうも言っていられない方も多いと思います。

自分の体質やタイプを理解したうえで正しい飲み方、そして対処法を選びたいですね。


スポンサーサイト



テーマ : 心と身体のケアを大切に! - ジャンル : 心と身体

タグ : 二日酔い 特徴 対処法

09:57  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/27-48698601

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |