FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ぬるいお湯の入浴は高血圧にグー。

2009.08.20 (Thu)

ぬるいお湯に長時間漬かると高血圧の治療薬を
のんだときと同じ状態になるそうです。

今日は、ぬるいお湯の入浴効果について
お話します。

健康な人に35度のお湯に、いすに腰かけた姿勢で
首まで漬かるので頸下浸水法で、2、3時間、時には
15時間入ってもらうと、簡単なものだが、血液の循環を
調節している神経内分泌系に大きな変化をもたらす
ことが分かってきたそうです。

ぬるま湯に漬かると足にたまった血液が水圧によって
心臓や肺に移動するそうで、首まで漬かった場合に
心臓周辺に移動する血液量は約700ミリリットル
とのことです。
体内を循環している血液量は約5,000ミリリットルだから、
およそ15%の血液が心臓周辺に余計に集まることになります。

心臓に血液が集まると心房にある容量受容器という
センサーが、血液の量が増えたと勘違いすれそうで、
この情報が自律神経機能を管理する脳の視床下部や、
交感神経系に伝えられると、血液の量を減らそうとする
働きが起こるそうです。

その結果、
血圧を上昇させる交感神経活動の低下、血管を収縮させる
レニン・アンジオテンシンという一種のホルモンの活動抑制
ナトリウムと水分の排せつを促進する利尿因子の上昇
-という変化が起こり、高血圧の治療薬を服用するのと同じ
効果だそうです。

ぬるま湯に長時間漬かっていると驚くほど尿が出やすく、
ナトリウムの排せつ量が通常の5、6倍から、時には10倍に
増えるそうです。
にもかかわらず、生命維持に必要な血液中の電解質に
異常は見られないそうで、ナトリウムが不足気味のときは
ナトリウムの排せつ量が減り、水分補給の少ない人は尿の
量も少ないなど、体が自分で尿の成分と量を調節するから
だそうです。

家庭での入浴方法は、温度は35度プラスマイナス0.5度の
範囲が適温で、サーモニュートラルといって何時間入っていても
体温が変わらない温度で、かなりぬるめ。肩ぐらいまで漬かる
ことが大切、30分-1時間は入るのが良いようですよ。

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 高血圧 ぬるいお湯 入浴

09:13  |  生活  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/248-17696a38

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |