FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

慢性的な腹痛は・・・

2009.06.18 (Thu)

今日は、数日以上持続する慢性的な腹痛について
お話いたします。

急性の腹痛のように我慢ができない激しい腹痛ではありませんが、
さまざまな程度に持続する腹痛にはいろいろな原因が含まれる
ために注意が必要のようですよ。

急性の腹痛の場合と違い、慢性の腹痛にはとくに多数の原因が
考えられるために原因を特定するのは難しいようです。

しかし逆に特別な病気がなく痛みを感じることも実際には多いようです。

ようするに腹部をさわるだけの簡単な診察だけでは正確な診断は
難しいのが現状のようです。

必要に応じて腹部超音波検査、胃内視鏡、大腸内視鏡、
腹部CTなどの検査を駆使しながら診断を進めていく必要があるそうです。

それではこのような検査からどのような内臓の病気が分かるのでしょう?

その前に腹部の各臓器の位置関係をみてみましょう。
上腹部の痛みというと胃の病気が頭に浮かびますが、実際には
上腹部には胃以外にも、肝臓、胆のう、総胆管、膵臓などの重要な
臓器があるため、これらの原因も常に考える必要があるそうです。

一方ヘソから下腹部にかけては臓器は限られており、ほとんど小腸と
大腸で占められています。

下腹部は女性では子宮や卵巣が含まれるため、女性の下腹部痛では
常に卵巣と子宮の病変を考える必要があり、背部の痛みは、腎臓、
膵臓、腹部大動脈、腰椎の病気のなどが位置的には疑われます。

内臓の病気と異なりますが、帯状疱疹(ヘルペス感染症の一つ)という
皮膚病のごく初期(特有の水疱の出る前)には、ピリピリとした特徴ある
痛みを生じることがあるようです。

慢性の腹痛は、専門医に診てもらう方がいいようですよ。


スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 腹痛 慢性的 腹部超音波検査 胃内視鏡 大腸内視鏡、

12:19  |  痛み  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/201-65f81f83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |