FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

居眠りのコツとは?

2008.10.17 (Fri)

世界同時不況が現実味をおびてきました。
私も、いよいよ節約モードに変えなければと思うこの頃です。

会社に向かう電車に揺られながらウトウト・・・。。
皆さんもこんな経験があるのではないでしょうか。

身体にいい話、今日は居眠りについて・・

疲れが溜まっていたり、前日に寝不足だったり、そんな日にかぎって眠たくなってしまうものですよね。
でも、そんな居眠りについて、
ふと疑問を感じたことはありませんか?

居眠りから目覚めたとき、頭がスッキリする場合と、逆に体がだるくなってしまう場合があるのはなぜなんでしょうか、
実は、頭がスッキリと目覚めるためには、眠りの深さが重要な鍵を握っています。

眠りの深さには段階があり、ウトウトからスヤスヤを経てグッスリ(熟睡)状態に入ります。
この熟睡状態に入るのがおよそ入眠15分後といわれています。

熟睡状態になると人間の体温は大幅に下がり、休息状態に入って起きにくくなってしまいます。
居眠りをして体がだるくなってしまうのは熟睡状態に入ってしまった場合だったのですね。
そこでオススメなのが「座って眠る」方法です。

人間の体は熟睡状態に入りそうになると、
全身の筋肉が脱力します。
そのため座って居眠りをすれば、脱力時に「カクンッ」と体が崩れるためそこで眠りが浅くなるのです。
浅い状態のまま居眠りをすることで、それほど時間に関係なく、スッキリと目覚めることができるんですね!

同じ居眠りをするなら、少しでもスッキリ目覚めたほうが何だか得をした気分になるのは私だけでしょうか

朝の居眠りは、思いの他大切な時間のようですよ。

ウム・ウム・・・・

スポンサーサイト



テーマ : 健康第一 - ジャンル : 心と身体

タグ : 居眠り 目覚め 熟睡

09:45  |  睡眠  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jidaiokure635.blog105.fc2.com/tb.php/17-4621ff26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |